all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

バレテルノカ? バレテタノカ?


昨晩、サンタクロースは皆さんの所に来られたでしょうか? (^−^)


何だか、朝からの会話。


小学校2年生の息子。


枕元のプレゼント見るなり、


「来てる〜っ!、いつ来たとかな〜? (^−^)」


ワクワクしながら開けておりました。



そして・・・


五年生の娘・・・。



一通り、プレゼントを見た後、言ったね。












ワタシに向かって・・・












「ありがと (^−^)」
















(@_@;)













バレテルノカ?



バレテタノカ?




妙な緊張状態に一気に駆け上がるワタシの感情。






すかさずテンパったワタシの返事が・・・・








「おう \(;゚∇゚)/・・(-_-;)」








今日一日、この出来事がアタマを駆け回り、ついに今年までか・・・と一人物思いにふけるワタシでした・・・。
24日の夕方


----------

happy merry Christmas!

----------


サンタクロース。


よく出来たお話である。


朝起きたら枕元にプレゼントを持ってきてくれる。




で、子供がサンタを信じている限界の歳。

うまく表現できないが、まずワタシの場合。


先日話したとおり、サンタを「見てしまった」この場合。

それからと言うもの、どうしても疑いを持ってしまったのだ。




確定的な出来事がある。




24日の夕方。


兄貴と”かくれんぼ”をして遊んでいた時に・・・・。



ワタシは隠れた。



押入の一番上。



「ここなら見つからないや〜 (^−^)」



ガサッ!



お尻が「何か」に触る。



とにかく、その時は隠れ通したんだが。



兄貴を呼んで、その「何か」を出してみる。







赤い包み紙にキレイに梱包された箱が二つ・・・。





(@_@;)




(@_@;)




これって・・・?




「これって、ニーチャン・・・、まさか・・・」




まさか、見つけたとは親には言えず、そのまま押し込みました。





次の日の朝。




ウソ偽りない、あの赤い箱、枕元に設置されておりました・・・・。





これ、確定っす (^−^)





さて、ワタシ。





どのタイミングでバレるんだろうか?




今年じゃありませんように・・・・。




















友は必ず親より大事なのだ。


---------------------
生徒暴行の元高校職員に無罪=「体罰に当たらない」−横浜地裁
---------------------

こういった類の問題、親の問題となります・・・。

訴えた親を逆に訴えたい気分でもある。

っていうか、多数の意見を読むとワタシの意見と大差ない感覚でいるのは嬉しいものでもある。

ま、殴るのはどんな理由であれ・・・、って過保護な意見もあるみたいですが・・(T_T)

で、このようなワタシと違わないいわゆる「民意」の感覚、どこで反映されているんでしょうか?

マスコミが先導するこの時代。

先ほどの御題も「生徒暴行の元高校職員・・」って書いてるし。

どこが暴行なの?

ホントの暴行って違うでしょ?

的を得ていない表現しか出来ないコメンテーター、ライターなんて必要ない。

いつの日かこの教師は「生徒暴行の元高校職員」と言われるよ。

違うでしょ、「生活指導を、それも家庭の中での当然の躾を親に変わって行い、なおかつそのバカ親から訴えられた、希望ある教師」である。

一人の立派な(いや、立派ではない、これが普通でもある)判断をイチイチ裁判するヒマがこの親にはあったんだろ・・・。

読めば、かなりハイレベルな高校みたい・・・。

昨日の今日、みたいな展開・・。

その成績が許す自由、それが本来の人間の生き方を否定している。

歪んだ自由の中、せせら笑うバカ親とバカ本人。

悲しいもんです (T_T)

気付かせる社会もまた歪んでますし・・。

さて、我が子になんと伝えよう。

地元小学校にての「冬の持久走大会」なるもの。

ま、ウチから2名の参加者。

期待もしておりませんが、毎年参加してます。

毎年最下位だった5年生のお姉ちゃん。

今年、ようやく最下位から3番順位を上げました (^−^)

そら家族中浮かれ気分っす (^_^)v

そ、いつどんなときも1番の人を褒め讃え、自分の頑張りを自分で褒める。

で、「笑顔」で帰ってくる。

これでいい。

友人も褒めてくれたらしい。

いつもこの大会を休む同じクラスの女の子、それを認めている親。

こんな家族もいる。

我が子には悪いが、休ませる気なんてマッタクなしっす。

恥じかけ、それでいい。

笑ってけ、ノッテケ、友は必ず親より大事なのだ。







ハウスモノ?


この写真、路地モノの唐辛子っす。

見るからに辛そ〜な赤い色で「鈴なり」です。

ハウスモノとは違う、堂々とした「鈴なり」っぷり。

-----------------------------------

それにしても、期待のオリンピック野球・・・・

なんとも悲しいモンです(T_T)

そりゃ、まだ予選ですし、あくまで予選通過して金メダルに届けばいいんですが、

どうにも危ない気がするのはワタシだけ?

韓国戦の9回の守備。

ありゃ、応援してるこちらまで滅入ります・・・。

って、別に韓国から必死さが伝わったのでもなく、

ただただ日本サイドから何も感じられたかったのが滅入るんです・・・。

-------------------------------------------

路地モノ・・雨ざらし陽ざらしのなか、毎年定年で収穫予定もない。

ハウスモノ・・ビニールハウスの中、定年で収穫があり、環境に恵まれている。

--------------------------------------------

今の日本野球って、ハウスモノ?

ま、そんなばかりでもない。

突然の坊主旋風(^_^)v

でも形にならなけりゃ、笑いの的。

明日からの後半戦に期待するのも、これまたワタシ・・・(/_;)



燃え上がる何かを感じられますように・・・。

は〜、明日からいつもと変わらない一日が始まります。

無事に乗り越えていけますように(^−^)
格好だけはイッパシ
今日は仕事上の付き合い先の人から「釣り」に誘われ、気分の乗らないままに行ってきました。



あまり釣りをしたことのないワタシにとって、未知なる物ばかりでした。

まず、道具がいっぱい(@_@;)

それでもって高そ〜なものばかり(@_@;)

「何ももってこなくていいよ」

その言葉に騙され、高そ〜な釣竿、借りて釣ってました。

格好だけはイッパシっす。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・





は〜、釣れん・・・・(-_-;)

待てど暮らせど釣れないのだ(-_-;)


しか〜もっ。

お借りしたルアー、2つほどソコに引っ掛けてLOSTしちゃうし、

岩を歩いている途中で靴の裏は剥げるし・・・

これでまた、釣りが一層遠くに感じました・・・。

遠く遠く・・・・。

でも、いっぱい投げたら、妙なストレス、飛んでいったみたいです。

でも、あまりお勧めできないストレス解消です・・・。

一雨終わったら、容赦ない陽射しが照り付けて、なおいっそうコンガリになりました(/_;)