all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

それでいいさ、それでいい









今日をありがとう。





明日をありがとう。





毎日、進んでいくのがヤッとの状況。





でも、笑って明日を迎える事に自信がある。





何でかって?





キミが今日を笑顔で生きたから。

キミの敗戦後の様子が嬉しかったから。

そ、負けて万歳、進め勝つまで必死に。









今朝早く、早朝3時半。


ウチの4年生なる坊主の剣道の試合、熊本で行われる為の早起き。


いや、別にワタシまで起きる必要はなかったんだけど・・・・・。


それでも、試合の為に強制早起き。


4年生といえ、そりゃツライだろよ。


無事に嫁と坊主を送り出したのが5時前。


ん〜、もはや寝れない時間になってました。。。。 (ノ_-。)


そ、今度はムスメの早朝練習だそうな・・・・。


『えっと、今度は5時半かよ・・・』




なぁなぁ・・・・

ワシは何だい?

皆の目覚まし時計かい?




そんなグチの一つもコボしたくなりますね。


でも、先日の『ジャンケン事件』で決定したムスメの卓球人生。


そ〜です、やるからには『トコトン』です。


これまた、7時前に送り出し、ようやくワタシの準備。








仕事も進んでいき、無事にお昼。





早起きのツケが回ってくる、昼下がり、暖かな時間帯。


現場そばの公園でお昼ご飯。


誰もいない、その公園のベンチに一人。


ポツンと座ってお食事。


『やっぱ眠い・・・・』


30分寝よっと。


携帯で目覚ましかけて、思う存分寝る事にしよう。







何分程寝たのか・・・

目を開けた。

その目に飛び込んできたのは、10匹程度の犬、犬、イヌ・・・・・









d( ̄◇ ̄)b






あのね・・・・

ワタシの苦手種目、イヌなのよ・・・・。

公園横の動物病院の昼からの受診前に、飼い主の皆さん、ここでお散歩です。

いくら鎖に繋がれているとしても、それでも、ね。。。。。




何と、落ち着いた昼下がりでしょう。

もう寝る気もなくなり、そそくさと公園を出る。

ちょうどその時、坊主から電話。








『ゴメン、また負けた・・・』






そ、『ゴメン』ときたのだ。


別に謝る必要もないんだが、勝とうって思ったんだろうな。


聞けば、これまでで一番声が出ていたし、当たりにいってたらしく、


まぁ、それでヨシ、なんです。










『勝つだけじゃない。負けて覚える事に、勝つ為の何かがあるのだから。』








と、言いたいところだが、さすがに4年生には伝わらない現実。


負けた後、よほど悔しかったのだろう。


彼は『ふてくされた』らしいのだ (* ̄▽ ̄)


それでいいさ、それでいい。


明日も練習。


彼には『願晴れ』より、純粋に『頑張れ』である。






オモイを頑に、キモチを張り続けて。








八時前にはもうクタクタで布団に入った坊主。


今頃、明日に向かって寝台特急で快走中であろう。


よく頑張ったよ φ( ̄ー ̄ )






ってか、ワタシも眠いのだ・・・・(ノ_-。)








ワタシらしくないけど

『雲の隙間、ココロの隙間』







この広い海の向こうに何があるんだろ?




シアワセって掴めるんだろうか?










夜七時からの打ち合わせに向かう途中の夕陽を見ながら思う。












え?

似合わない?














おおよそ誰も通らないであろう山道より、海を望めるバショ。








時間に少し余裕のあることを確認して。







一本のタバコに火をつける。






軽く吹かして、風にその煙を乗せる。














ワタシらしくないけど、今回はこれにて終了 φ( ̄ー ̄ )
















ついで








お久しぶりです、ご無沙汰なワタシ、依然として元気です。






日に日に暖かくなったり寒くなったり、まさに『三寒四温』なこの頃、いかがお過ごしでしょうか?





夕陽も綺麗に見えるかなって思って、久しぶりな場所に行ってきました。





雨上がりのように空気が澄んではいないものの、





ココにくればそれでいいのです。













今日は、この場所で、一組のカップルが結婚式を挙げておりました。




それは幸せそうに。




満面の笑みとともに。









キャハハな笑い声とともに、友人からのオメデトウな声。




それを背中越しに聞きながら、ワタシは夕陽とニラメッコです (ノ_-。)




そんなワタシも意地です。




シャッター押す時、強制に参加です。




『オメデト〜』ってな感じで押すワタシ。




悲しいもんです、38歳・・・。











それでも、夕陽は新しい一組の歴史を見届けていました。



それは、ワタシのように『いつまで、もつのかな?』って意地悪な発想は微塵もなく、



いつまでもシアワセになるんだよ、そう言わんばかりに。












チキショ〜って思うワタシの脳裏に、ここでも意地悪なワタシ登場。






『ついで、で結構です。結構ですから、ワタシにもシアワセを・・・・』










<今日生まれた一組のカップルへ>


ホントはココロから思ったんだよ。


『いつまでもシアワセに』ってね。


綺麗な白いウェディングドレスを身に纏い、立派でしたよ。


え?


何?


ワタシが願ったから?


こらこら、今頃ケンカしていませんように・・・・ (ーoー)y〜〜〜

急いで帰らなきゃ










江島にはなかった鉄道の景色。




そこには疲れて帰る人の影。

そこには愛する者の元へ返る人の影。

そこにはこれからお酒の飲み会だと期待満々でいる人の影。

その皆のキモチを丸ごと照らす、一日の終わりを告げる綺麗な夕日。





さ、もうすぐ夜が始まるよ。

急いで帰らなきゃ。




今週も皆さん、お疲れさまでした。

そんなこんな疲れを穏やかに。
















倒れるまで笑い通す







今年、いろんな出会いがあった。




その分だけ、別れもあったのです。




でもでも、ワタシの38歳、振り返る時間がなさそうです。













ごめん、このまま進むね。












さてさて、体がもつか、自分自身わからないままに始まった事も、早5ヶ月。



結構笑えているし、ヤツレテなさそうで自分なりにビックリ、でもあります。



『背負っている』



そう思われたくもないワタシ、こればかりは意地です、間違いありません (^−^)







今年。



いろいろあったんだな、そう思うばかりです。



ツライだのキツイだの小言言う前に動けた事は、自分自身褒めさせてください。



それくらい、いいでしょ (^−^)



大事なのは、元気でいること。



ワタシだけでなく、これは皆さんも。







悲しいニュースがラジオから流れていました。



『自殺者の数が12年連続3万人を越えました』との事。



この年末も、ワタシが越えなければいけない『山』は決して低くはなかったです。



でも、引き下がらない。



自殺するくらいなら、倒れるまで動きたおすのです。









明石家さんまさんが言ってたコトバ。



『5億の借金抱えたときは、死のうかと思った。
喋り通すか、首吊るかのどっちか。
コワいから、喋り通すのを選んだだけ』



そ、弱音もアリなんです。


『コワいから』


壊れいく自分と会いたくない、その意地。


『ならば笑え』である。











『倒れるまで笑い通す』











コメディアンのように話術はない。


だけど、オレにできる事がある。


それは『笑うこと』


きっと、みんなにもできる。


無意味に笑う必要はない。


そこに『野心』があろうと関係ない。


落ち込む時間なんてない。















2010年。


始まるよ。


笑い通すワタシ。


ついて来れる?


相変わらず、キレイな写真なんてご無沙汰なワタシ m(__)m


来たる来年も、この程度の写真が乱舞します m(__)m










でもでも、





きっとここは、





ワタシの大事な場所。








笑っていこ。



越えていこ。










<追記>


31日に今年最後を投稿しようと考えておりますが、どうなることやら。


皆さん、今年一年、ありがとうございました m(__)m


駄作な写真に、クダラナイコトバが、これまた寂しく・・・・。


ワタシに出来る精一杯の表現なのでしょう。


ご勘弁くだされば幸いです。



それでは皆さん、よいお年を・・・・・。



寒いね・・・・












キミの中で下した決断は、きっと間違いじゃない。




そのままゆけ、真っ直ぐに。




どんなに届かない場所に行っても、これだけは忘れるな。




『笑ってろ』




夕陽のように輝ける道を、真っ直ぐに。




自分を責めることはするんじゃない。




必ず、『星』を掴むんだよ。




言い出した別れにナミダは似合わない。











人と人。




出会いと別れ。




そんな12月。




寒いね・・・・。




木枯らしと共に吹きすさぶ風は、どことなくシンミリしてます。




仕事帰り、西のソラを見渡すと、夕陽がキレイに沈んでいました。













ほら、こうして見渡していたよね。










でも、もう違う場所で、違う夕陽を見ることしか出来ないね。









それが望んだ答えではないけれど、進むよ、このまま。









thank you & good bye




















<追記>


シミッタレタ文章になりました。


久しぶりの書き込みなのに、ですね・・・ m(__)m


実は、フラフラの毎日、連日連夜。


昨日の夜、仕事先から一本の電話。







『無理するな。休めよ。』







まさしく脳内モウロウ状態の毎日だった。


いわゆる『ハイ』な状態。


その中でのストップ指令。


感謝。


嬉しくて嬉しくて、ドップリ睡眠取りました。


これでもかってくらいに。







明日から、元気に戻ります。


いつだって笑っているんだ。







こういった毎日ですので、

日頃、皆さんのトコロにお伺いもできずに申し訳ありません m(__)m

許していただけたなら、幸いと存じます。

それでは、次回元気なワタシと会う日まで・・・・。










コウヨウ









さて、皆さんのお住まいの地域の『紅葉(コウヨウ)』はいかがでしょうか?




真っ赤になる葉、黄色くなる葉。




その何ともいえない色彩が一つの木に収まっているのは、どうにもクスグラレマス (-_-;)




皆さんのブログにお邪魔しても、とびっきりキレイな紅葉景色満載です (^−^)




さて、ワタシ。




キレイな紅葉なんて撮れることもありえないので、ワタシなりのコウヨウを。




ってなことで、上の写真。














コウヨウ。
















向陽。

















(-_-;)

















苦しいですか?

















m(__)m



















開き直ります。


ワタシの向陽(コウヨウ)景色です (^−^)




見慣れた夕焼けでも、特別の景色。




そんな景色を見つけた嬉しさ、写ってますか?











今日は一日、とても暖かく過ごしやすい一日でした。


そりゃそうでしょ、最高気温20度に届こうかという勢い。


来週から少しばかり冷えそうですが、今週は動けそうですね (^−^)


それでは m(__)m









<追記>

やっぱり『夕陽』ってキレイですね。

一人眺める自分が悲しいのも事実ですが、

どことなくココチヨイ空気が気持ちよく。

皆さんの地域でも、『特別なコウヨウ』見られますように・・・・。










鏡の向こうのワタシ








ワタシ、


基本的にファッションとやらのコトバには『疎い』です、間違いありません。


どうでもいいから。


いや、100%投げているわけでもないんですが・・・・。


ふと目に付いたモノがいいのです。


その気にさせたものがいいんです。


その結果・・・・


何の目的もテーマも何にも考えてないものが揃います。








今回、突如として、透明サングラスに『その気』を感じました。


これまではあり得ないモノです。


あ・・・・


別にサングラスだけ何個も持っているわけでもないです。


基本『疎い』ので、1つあればそれでいいんです。


これまで『その気』にさせていたのが、後に写っている様な感じ。











で、ですね・・・・・


話はかなり戻りますが、髪が伸びていた1週間前。


朝から鏡で見たワタシ自身。


ビックリっす・・・・(-_-;)


睡眠不足で目の周りが腫れたように、それでいて髪はボ〜ボ〜・・・・


ど〜です、朝だったから少しは良かったものの、


ヘタすりゃ、『エクソシスト』の世界から飛び出てきた、みたいな・・・・・・


そんなワタシ・・・・(T_T)


こりゃいかん。


これでは『背負ってます』って感じがバレバレじゃん・・・・。


よし、髪切る。


それも、あり得ないくらいに短く。


アタマがパンクしていると、こんな壊れ方に気付かないものです・・・・。










向かった先は、先日お話した『リーズナブルな床屋さん』に再挑戦です (^−^)








『今日はどれくらいに?』







きたきた、こんな質問にもイチイチ答えなきゃいけないのがツマラン。

よく知っているところなら『いつもよりみじかめに』

その10個のコトバを言い放つと、後は夢の中に行けたものです・・・・。





『えっと、ヨコは結構上まで刈り上げてください』

『上のほうは少し短めに、そんな感じで (^−^)』






よし、寝るぞ。

そう思ったワタシはいざ夢の中に・・・・・

・・・・・・

・・・・

・・・

・・

行けないのです、これが (T_T)








『ヨコは何ミリにします?』


『ビンは?』


『上の長さは?』










タブン4つ目の質問を遮るように、

『いいですよ、どんなでも、任せるから (^−^)』












それから、ワタシは目的の夢の中に、無事に辿り着けたのです。













起きるまでは、シアワセでした。



そ、起きるまでは・・・・。



起こされて、鏡を見る。



ソコにはこれまでのワタシには考えられないワタシがコチラを見ています。



眺めています。



アチラのワタシも動きません・・・・。



ワタシも動けません・・・・。



それでも、頼んだ以上、嫌な顔は出来ないのです。



その結果、ワタシは笑いました。



アチラのワタシは、少々引きつっているみたいに見えました・・・・・。









でも、いいんです (^−^)


今は雰囲気を変えるため、と割り切ればいいんです。










散髪が終わり、自分の車に戻り、いつものサングラスを掛ける。






鏡を眺める。





『雰囲気が悪すぎる・・・・』





38歳にもなろうとする男が、こんなに雰囲気悪くならなくても・・・・。








で、帰り道寄った、眼鏡屋さん。


これまた、非常に『リーズナブル』に喜ぶワタシ。







でもね・・・・

選ぶのがキライ・・・・(T_T)

ワタシ、選択するのがヘタなのだ・・・。

せめて二つにして、どっちかやな?







それは、これまでとあまり変わらない路線。

そして、もう一つ、思いっきり『がり勉君』みたいな感じの黒縁。

それでいて、ちゃんとサングラス、なのだ。





もう、こんな髪だし、いつもと違うのを選ぶしか残ってなかったのです。













掛けてみました。





鏡を見ました。





もう何が何だかわからないワタシが映っておりました・・・(T_T)





もはや・・・・・





鏡の向こうのワタシに慣れるしかありません・・・・(T_T)










ソラから見えた?







今年、初盆のば〜ちゃん。



ば〜ちゃん、遠い空のセカイはいかが?



24年ぶりにじ〜ちゃんに逢えた?



今夜はタブン雨だから、提灯は飾れないよ・・・。



キレイにイッパイの提灯。



ソラから見えた?









毎年この時期、お墓で会う、久しぶりの同級生仲間。


中学の途中で転校したものだから、


それ以来は、お墓仲間、みたいなモノ。


子供がそれぞれに増え、それぞれに親御さんたちが亡くなる世代。


昨日もシンジのトコ行ったら


数人の同級生発見。






お腹出ていたり、


アタマ薄くなってたり、


37歳のこの年代を激実感のワタシ・・・ (-_-;)


親の初盆という同級生。


ふと自分にも置き換えてみた、カヨワイワタシ・・・・。


60歳で亡くなる。


決して往生とは言えないその歳。









『時は過ぎ行く』










苦しい事も、辛いことも、その時は過ぎ行く。


次の更新は18日夜くらいと飛びそうです。


今夜からオヤジを連れて来なきゃです (^−^)


ある種、決死の3日お泊りコース。


頑張ってきます (^−^)









どんなに辛くても、時は過ぎ行くのだから・・・・。






さ、オヤジ。


何年でも付き合ってやるよ。


アンタの初盆の予定なんて、当分入れてませんからね (^−^)








『ポカリ』とダブる『夕陽』






本日の台風が連れてきた積乱雲、半端ナイ傷跡残しましたね・・・。



被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。



兵庫県や岡山県において、甚大な被害が発生しているようです。



一日も早い復旧を切に願います。










ここ長崎は、その被害たる所以の積乱雲はそんなに発生しておりませんが


『アメの通り道』たるトコロの上空は真っ黒い雲に覆われ


アメが局地的に強く降ってました。









こんな災害があった後だから、


ワタシの今日の一日は申し上げにくいのですが、


ワタシの中の気分転換って事でお許しください。








今日、ワタシがいた現場は、いわゆる『よくアメが降る場所』です。


周辺の山の形状や、海の傍ということもあり、


比較的すぐに雨雲が出来上がります。


どんなに晴れていようと、


この時期、こういった場所に建築材料運搬する時は『雨避けシート』は欠かせません。


で、昼過ぎ二時くらいにタップリの資材が現場に運ばれてきました。







『手下ろしかよ・・・(T_T) 』






雲は、アメを降らせることはなかったけど、ソラには控えております。


『雨降らないうちに、皆で運んでしまうよ!』


そんなワタシの号令の元、それは始まったのです。






目標1時間。




終わる頃には『3時のおやつ』にいい時間。

と、簡単な発想の元。










すると、ど〜です・・・









開始10分程度にして、『十分に真っ黒い不気味な積乱雲』
登場しているではありませんか・・・。

おいおい・・・

と〜ぜん、そんな雲に覆われた地上は

タップリの湿気を感じます。

アメが降ってないだけ、真っ暗の状態。








それは、不気味な風景・・・・ (T_T)






トラックの『雨避けシート』は全開に開けております。

被せ直す時間なんてあるもんですか・・・。

『押せ押せな37歳とその職人達』






気付けば、予想よりも早い45分上がり (^−^)

アメには濡れませんでしたが

汗まみれ・・・ (-_-;)

おまけに、足プルプルっす・・・ (-_-;)

だって、一気に汗かいて、なおかつ、湿気タップリの状況。

そりゃ、体もオカシクなります。










モウロウとした中、皆に3時のジュース買うときに



ワタシ・・・・・



ポカリと思ってボタンを押したはずなんです。



いや、現に同じボタンで4本のポカリは出てきたんです。









最後のワタシの分で出てきたのは・・・・









『何とか高原水』みたいな水・・・・(-_-;)










・・・・ (T_T)










この上ない悲しみが襲います・・・・








モウロウとしたワタシは、






『押し間違ったのさ』って思って

再度、








必死の思いで『ポカリ』の



その『ポカリ』の真下のスイッチを



あらん限りの思いを込めて



『ポチっ』















・・・・・・・







・・・・・・・








出てきたのは・・・・・








先ほどと変わる事のない、紛れもない『何とか高原水』 (T_T)










最初から5本あればそれで終わってた話。

なぜだか、ワタシの番にて売り切れたポカリ。






仕事が終わり、

ヒトリ現場から離れるときに、

別の自販機で、

無事に『ポカリ』にありつけましたとさ。






今日の写真は、

その思いでやっと手に入れた『ポカリ』を

噛み締めて飲んでいる時に見えた、

遠くの神秘的な夕陽。





『ポカリ』とダブる『夕陽』




いろんな意味で神秘的です・・・・(-_-;)