all photo and written by kazunoichi
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『寝かせた』期間 | main | 今回からは定期的に! >>
ノッペラボウ
 お久しぶりです。


久しぶりの今回はチョッとばかり重いです。


なにが?


最近何かと話題の『体罰』です。


『体罰』と『指導』は違うのは馬鹿でもわかる事実。





ただ、コトバにするから本質が濁って見えない。

ただ、定義できないから『体罰が何か』と誰も具体的に説明できない。




『平手打ち』がダメか?

『言うことも聞かない生徒を平手打ち』はだめか?

好き好んでクラブに入って、それでいて体罰を主張するか?

ノウノウと生きてきたのか?

『ゆとり世代』と言われるのもわかる気がする。




いえいえ、桜宮高校の件は生徒の許容範囲を超えてしまった時点で
『行き過ぎた指導』でしょう。

指導役の先生は罰せられて当然です。

明白な事実です。

それでも、所詮『結果論』なのです。




それならば、『最悪の結果を迎えていない、それでいて許容範囲を超える寸前の事実』が
この世の中にどれほどあるでしょう。

今回の桜宮の件で世間が見ないといけない本質はたぶん、
『許容範囲を見極めることの出来なかった指導者の落ち度』のみで結構なのです。

『他の生徒が助けてやれば』?

『何か周りが気が付かなかったのか』?

そんな弱音を簡単に周りに吐き出すことの出来る人は通常『キャプテン』に任命されないです。

きっと自殺する前の試合で一人、監督から殴られた時だって『必死』だったはずです。







若者に『時間』があると余計な事を考える。






もう辛かったんだな。。。。。

カレの最後の夜の『時間』が『最悪の結果』を導いたのです。





きっと、いろんな選択をも超越したのだろう。

ホントに短い命だった。。。。。




この一件は、この上なくツライことです。

若い人が夢溢れ、希望に満ちて、選んだ高校のバスケ部。

『キャプテン』に任命されるほど人望がありながら。。。。。




それでも思う。

何でも『体罰が悪い』って括るのはオカシイ話です。

『必要悪』は絶対必要。

このままいけば、どんな若者が育つのだろうか?







『悪いことをすれば叩かれて当然』






でもね。。。。。

きっと、こんな時代には戻らない気がする。。。。

手を上げない指導者は、きっと『その場凌ぎ』に徹します。

何事も起きないほうがいいんです。








『その場凌ぎに徹することの何が指導なのさ』








『野蛮』と言われようが『時代遅れ』と言われようが、

ワタシは思う。




『人の痛みを分かり得た人間のみ他人を指導できる』
『たとえ、それがいわゆる体罰でも、だ』




そんな時代はきっと来ない。

世間が許すわけがない。

ノウノウと暮らす『ノッペラボウの生徒』がワンサカ出来るのです。

その中の人間から『次世代のノッペラボウの先生』がこれまたワンサカ・・・・・。





ワタシは大学進学時に一度『先生』を目指した時期があった。

そんなワタシは『先生』にならなくてよかった時代である。







自殺を選んだキャプテンに合掌。




スポンサーサイト
私も、前ブログを閉じた理由があります。
復活は、あまりノリませんでしたが、結論から言えば・・・
良かった!色んな事から復活出来た証・・・
本当に辛い、苦しい!から、どん底の知らない?自分?記憶も無く落ちたのでした。

そこから這い上がるには、人の手、心の会話、医者、カウンセリング、薬を少々・・・
寝たきり、動けない、喋らないの日々は、苦しさも感じませんでした。

自ら命を?それだけは考えつきませんでした。
監視もありましたが・・・人の苦しみをわかる?
これは、口では皆さん言いますが、実際になった人にしか・・・

絶対、この性格は変える事、出来ない!!!100%と、想ってました・・・
ところが、変われたのです\(^o^)/2年かかりました。

今は、楽しい事をしてる満足感?前はイヤな事だったけど今は、苦痛には想わない?
自分が一番大事!生かされてる事。残りの人生、無駄にはしたくない。
心からそう思えるようになりました(^O^)

水谷先生『夜回り先生いのちの授業』の講演にも選ばれ、本当にラッキーとしか言えない?聞きました。
そして私だけ握手と会話をさせて頂けた事。
感謝の一言でした。『いいんだよ』の本を読んでボロボロ泣きました。

いつも自分に本を読んで聞かせては、『そう!いいんだ!』と自分を慰めてる日々、ちょっとした仕事(半分ボランテェア)を・・・
仲間達と、立ち上げる支度をしてます(^_-)

カウンセラーの勉強も(会員にならずに)参加させて頂いてます。(私を見守ってくれた全国の沢山のカウンセラーの皆さん)
本当に感謝しかありません。

生きてる間、何か1つ、誰か一人でも?悩んでる人、悲痛な心の叫びを発信してる人を見つける事。

そして、見守ってあげる、声をかけてみる、共感、傾聴、寄り添うだけでも?
その人にとって邪魔にならないように?を心掛けて毎日考え行動してます。

もう無理なんかしません!出来ない物は出来ない!
イヤな事はイヤと^^今言える私になりました(^_-)
また^^お邪魔します(勝手な事、たんまり聞いて頂け、すみません)
kani | 2013/02/24 06:16
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/472
TRACKBACK