all photo and written by kazunoichi
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ワタシも、アチラも。 | main | ここ、やっぱり綺麗 >>
一番の有事
 批判が何を生むのだろう。

でも、どうして批判されるのだろう。

この大地震に対しての政府、及び東電関係者、何をどう対処しているのだろう。













『責任を取る』





こんな事を思う。

大きな会社ほどに、この『責任を取る』って表現が曖昧なものほどない。

いったい『誰が』責任を取るのだ。

会見では、お偉いさんがアタマを下げています。






で、何なの?






『何を』『どうする』

この具体策も何も提示できないままで、今に至る原発関連。

おまけに、このご時世、情報は溢れかえります。





ただ、ワタシタチも批判ばかりするのもどうなんだろう。





『批判』とは
1:物事に検討を加えて、判定評価すること。「事の適否を―する」「―力を養う」
2:人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の―を受ける」「政府を―する」
3:哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。






そ、『批判』には必ず『明確な第三者』があるべきなのです。







今の政府を見てどう思いますか?

今の東電を見てどう思いますか?







いかにも、『批判されるのはお門違い』と言わんばかり。






なおかつ、もう一つ。

『責任』って何さ?

ここまで巨大な会社になると、こういった自体に対して、『国が保証するのです』

これは、比較的『危機管理に対しては甘い』のです。



ワタシタチのような中小企業が何かしでかしたら、それこそ『袋叩き』です。




だって『責任を取る』人間が明確なのだから。




今回の地震と津波に関しては、あくまで想定範囲外として。

その後に起きた原発関連の諸々の事象・対応に関しては、

いわゆる『袋叩き』どころの騒ぎじゃ収まらない程なのです。




でもでも、『大きい』が故に『責任』が右に左に揺れるのです。









批判されるのは前提で話をします。



日本がこれから復興へと歩んでいく時代に対して、

やはり『原発』は必要なのです。

それこそ、これまで以上に必要になるのです。

失われた以上の物を創りださなきゃいけないのです。



綺麗事ばかりの感情論ではダメです。



これまで事実として、日本のエネルギーを支えてきた実績があります。



ただ、こういった時の『時の政府』の対応が
『今後は作ってはいけない』という論説を打ち立てています。

事実、ワタシとしても、『有事の際の対応』が『この程度なのか?』って思います。







東京ドームを使うの使わないの、

子ども手当がいるのいらないの、

不公平感が否めない計画停電。

遅れ遅れ・後手後手の会見内容。





現場の最前線では『死と隣り合わせ』の現実をもっと『机上の会議』に反映させなさいよ。





首相よ、大学で原子工学を学んだからって、何がどう役に立っているんだよ?

甘いさ。

『自衛隊は暴力装置』と発言した仙石を再起用した時点でも、おかしいだろ?

原子光学を学ぶ前に、物事を理路整然とアタマに並べる能力を身につけて置くべきだった。

アナタには『考え』が見えません。

想像すら出来ません。

鳩山に至っては、もはや餌でもやっといたがよさそうです。

何故に寄付が出来ない?

腐るほどあるだろよ?

ママからのお小遣いでも・・・・。






その中で『原発はもう作りません』って綺麗事で本当にいいのだろうか?





所詮、責任のとり方も何も知らない連中の中で議論されている『有事の対応』





これこそが『一番の有事』なのかもしれません。










『自粛ムード』に浸るのもいいんだけど、

これから一歩一歩、進んでいこうよ。

『頑張れ日本』なのです。

『誰が』ではない。

『日本自身』が、なのです。

それには、希望であり笑顔であるのです。

時間は掛かるでしょうし、簡単には取り戻せない『絆』があったでしょう。










だから、ワタシも再開です。


ベタベタな写真だけど、


ベタベタなコトバだけど、


ワタシが笑うために、


ワタシが進むために。





















スポンサーサイト
お久しぶりです。
ここまで来るの・・時間かかりましたm(__)m
カニも、今の大会社の、急な個人面談にて、色々とありました。
じゃなくても、今の、この震災で心も身体も、弱ってる時の事です。
簡単に言うと、上司の作ったシフト通りに?仕事してない?それもこの、大地震後のシフトを言ってるようです。
理由は、当然ありますし、上司や当支店のトップもわかってる事。
なぜ行けなかったか?理由言う時間さえくれない!
それも支店長の上の上の方々3人に一方的に・・
何?なにこれ?遠まわしに辞めろって言ってる?
その場に、合った人にしかわからない雰囲気の中。
誓いをされました。

その事を上司に話するとビックリ(*_*)支店長も、体調確認・・って聞いてただけ?本当?
上司2人に泣いて謝られても、辞めないで!辞めさせない!って5日間言われても、自分達は上の上に、談判は出来ない現実では、話にならない。
そこで、この機会だから、悔しくてたまりませんが、こんな会社で支店内だけで、必要とされても、上の上が、そんなんじゃ、いる意味も、傷も癒されない。
仲間達が、壁を作り退職届を出さないよう、バリケードを作ってくれたのには、涙が流れましたが・・
結論!今月いっぱいで、当社を辞める事に決めました。
5月の中、田植えもあるし、就職活動します。震災に合った!何も無くなった気持ちになれば、何か出来る事?仕事もあるだろう・・と、信じてます。

あの3月11日の14時46分は、古〜い橋の上で、パニックに皆なってた!
ひび割れが見える!早くここから逃げたい・・
そんな経験をしてまで、仕事に行った。
でも帰りは橋に、お廻りさんいて『通行止め』(*_*)
カニはどこから?帰れば良い?隣の市?そこの橋も危ない状態でしたが、まだお巡りさんきてなく、通れたが!!
その後、通行止めとなってしまったm(__)m
次の日、自転車で?も、無理。社にも連絡取れない。
まだまだ、ここには書けない事ばかりありました。

なんか、私情ばかり、思いつきで、書いてしまい、支離滅裂な文章で、ごめんなさいm(__)m
わからないと思います。
わからなくても、良い。
報告したかったのです・・
カニ | 2011/04/02 22:56
> カニ さん

『お疲れ様でした』
まずは一言伝えます。

『会社を辞める』決心が付いたこと、
それも『一歩前進』ですよ、間違いなく。

ワタシだって、今の仕事に至る経緯なんてこのブログには記しておりません。

簡単にいえば、『生きて行くため』なのです。

オヤジの仕事を継いだんだけど、
このご時世、厳しいものです。
ワタシは、性格上『上の者にゴマをする』事が出来ません。
いつの間にか、『干されるのです』

仕事の内容が180度違う仕事で、今は結果を残しています。

どんなに苦しかろうと、どんなに厳しかろうと、
自分で納得してできる『今』を必死に進んでいます。

間違いなく『ワタシの中の復興計画』なのです。

借金?
莫大です。

だけど『必ず復興します』
独りよがりかもしれないけど『復興』するんだ。

ね?
カニさんにだって出来る。
『自分で納得出来る環境』を一日でも早く見つけてください。

乗り越えられる。
乗り越えられるからこそ『壁』が来た、だけです。



『絆』を大事に、
『笑顔』を忘れずに、
『意地』を心に留めて。



kazunoichi | 2011/04/03 07:43
ありがとうございます(>_<)
前進あるのみ!負けない!少しずつ悔しさも薄れて前抜きです。

ありがとうございます。
kazunoichiさんも、頑張ってる。
カニは、意地もある!(^^)!
絆に感謝申し上げます。

明日から、最後の日まで、利用者さんには笑顔で最後まで頑張ります。
誓います!
カニ | 2011/04/03 18:07
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/452
TRACKBACK