all photo and written by kazunoichi
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 期待もしなかった続きの話 | main | どうか >>
テーブル奪取戦争








今日は雨の日曜日の長崎。




この調子だから、久しぶりの休日もどこに行くこともないのです。




それでも、久しぶりの休みをゴロゴロ過ごさせてはくれないウチの精鋭部隊2名。




ってことで、中心の夢彩都へ。









文房具を見だすと、何だか時間の過ぎゆくのも忘れます。


ココはワタシに合っているのです。


高い万年筆を買うこともないのに試筆してみたり。。。。


金額もみずに試筆してみたら、非常に書きやすい万年筆発見。


恐る恐る金額の数字の配列みてみると・・・・


予想を覆すこともなく、0ばかり並んでおりました。


こういったときには『0が3つ以上連なっている数字は認識不能』になるワタシの頭。


ある意味、『りこもん』です、『利口者』です。







こんな感じで午前中を乗り越え、お昼の時間。



こういった商業施設の中には、地下に行けば、何かしら食べられる場所があるのです。


しかしながら、雨降りの正午。


イッパイに溢れかえるほどに群がる人、人、人。


そうです。


こんな日は、こういった施設は嬉しい悲鳴でしょう。












予想通りの『満席』








順番待ちなんかのルールもなく、
空いたテーブルを己の力で確保しなければいけないのです。






これ、ある意味、戦争なのです。





いえいえ、大袈裟でもありません。




だってこんな事が起きたのだから。














息子と二人、テーブル探しに徘徊開始。


それでも、人様の食事している脇をジロジロ見るわけにもいかず、


『らしい』テーブル探しです。


それでもなかなか見つからない、本日雨降りのお昼時。







『サバイバル』です。






そんな折、息子が遠くから『空いたよ〜っ!』との声。





いいぞ、よく見つけた!


そんな事を考えながら向かうと、息子より少々小さい、

まだ幼稚園らしき男の子がすぐ脇にいるではありませんか。

そして、その視線は、ワタシを見るでもなく、息子を見るでなく、

ジッと『椅子』を見つめているのです。



そしてお母さんが現れて、

『駄目だよ、ココは順番だからね〜、お兄ちゃんが先だったでしょう?』

と、常識あるお言葉を子供さんに伝えておりました。






だけど、ここで息子がこう言うのです。





『いいよ、ここで食べていいよ』って。





『テーブル奪取戦争』にも、席を譲る我が息子。









嬉しいものです。

気づけば、ワタシより確実に『大人な対応』です。









息子と二人、『別のテーブル探そう』と次の獲物探しです。


もう一周していると、先程のテーブルからそんなに離れていないテーブルでこれまた空きそうな雰囲気。



それを察知する、ワタシと息子。



お互いに目を合わせ、そしてアイコンタクト。



これ、絶妙の成せる技です。








足を速める息子、そのテーブルに一直線です。










そして・・・・・・








お客が椅子を立ち上がり・・・・・・・











息子がオモムロに振り向きながら・・・・・・










『空いたよ』って目で見る・・・・・・・・










そして息子が空いた椅子に座ろうとする・・・・・・・・









その瞬間・・・・・・・










どこからとも現れた50過ぎのオヤジに座られ・・・・・・・









事もあろうか・・・・・・・









その嫁が・・・・・・・









息子の握っていた椅子を取り上げ・・・・・・








ノウノウと座るではありませんか。














(-_-メ)











それを悲しい目で見る、息子。










その一部始終をワタシは見ていたのです。









これは許せない。







基本的に気が短い感じのワタシは

『おいオヤジ、そりゃ駄目だろよ』って言うつもりだった。

その勢いで、そのテーブルに向かっていたのに・・・・・・・








先程、息子がテーブルを譲った家族の父親が、

ワタシよりも先に怒鳴りつけてくれました。





すると、周りのお客さんまでも。






これまた感謝です m(__)m






いや、冷静に考えれば『息子の成し得た事』なのです。













すると、問題夫婦は立ち上がって、その店から出ていきました。












これにて『テーブル奪取戦争』に終止符を打つことが出来ました。










でもね・・・・・


まさか・・・・・


アイスコーヒーだけ頼むわけにもいかず、


必要以上のお昼ごはんまでしっかり買わなければいけない事になったのはいうまでもありません。















ただ、よかった。



『息子の良心が無駄になることなく終わったことに感謝』




やけに、今日のポテトは塩が効いて美味しかったな。
















<明日は鹿島へ>



明日の予定は佐賀県鹿島市です。


ココには美味しいシュークリーム屋さんがあります。


寄る時間ができるかわからないけど、寄れればいいな。











スポンサーサイト
良いお話に感動です・・涙
息子さん!偉い!良い子(^O^)なかなか、いませんよ^^
撫でて、褒めてあげたい。でも、アイコンタクト^^

素敵なお子さんに育ってて、嬉しかったでしょ〜♪
お父様、お母様が、良いからですよ^^
この優しい気持ち、全ての人に持って欲しいなぁ〜。

シュークリーム(^O^)なんか、気になる^^気になる^^
見たい!食べたい!欲張りカニでした・・汗
道中、御気をつけて・・
カニ | 2011/03/10 23:02
> カニ さん

大丈夫ですか?
大丈夫ですよね?

非常に心配です。

この上なく。

どうかご無事で。

kazunoichi | 2011/03/12 00:39
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/446
TRACKBACK