all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ゲンナリ | main | 期待もしなかった続きの話 >>
一年前の戦慄再び
 






長崎県から、一度隣の佐賀県に出て行かなければ行けない長崎県。




船で行くわけではない、道路としては繋がっている長崎県。




正直、知らなかったワタシ・・・・。









それは、夕刻、明日の予定を決めている時に。


『明日、タカシマに行ってくれるか?』


『いいよ、タカシマでしょ?』


『そ、タカシマな』







長崎港からおよそ船で30分程度の島、『高島』


伊王島のちょっと先の島。


だから、船も一日に結構行き来する島。


ってことは、翌朝に予定たてて動けばいいや、って感じです。


いわゆる、この段階では『余裕チャキチャキ』であります。










で、翌朝。








訪問先に電話して時間の確認しなきゃな、ってな感じで軽く訪問先の電話番号確認。








・・・・・・・・







・・・・・・・・・・   (ノ_-。)







0955?






おいおい、長崎は 095 だよな???













ここでアタマを過るのは、一年前『江島事件』




ヤバい・・・・




一年前の戦慄再び。。。。。。。



どこだよ、今回の『タカシマ』はどこなんだ。。。。。。











高島と鷹島。








カタカナで書けば、タカシマとタカシマ。






もし、
人間同士の会話が文字として認識できていれば、こんな勘違いもなくなるであろう。






はい、鷹島はココです。




大きな地図で見る



ありえます?



現場までおよそ2時間半。。。。。 (ノ_-。)



救いは、陸繋がりだったこと。



船の時間に左右されずに、己の時間で進めることができるだけ。









この橋が唯一島と繋がる道。


『鷹島大橋』









この手前側は佐賀県、あちらは長崎県。



ワタシがこの橋の手前に来るまでに、
佐賀県に入ってグルグル走り回ること、
およそ2時間、
距離は120km。。。。。。。 (ノ_-。)



まだ仕事もしていないのに『グッタリ』





そんなこんな相も変わらずなワタシです。。。。。










<いよいよ寿命を迎える仕事車の軽トラへ>


先日の五島で、何だか調子が悪くなったワタシの『ケイトリアン』



気がつけば、距離は20万キロ。



ありがと。



無理して引っ張っていました。



おかげで、今期決算、帳面上で黒字です。



あくまで帳面上、ではあるんだけど。。。。。



だけど、もう寿命です。



クタクタな君をこれ以上は無理です。



君の手術代、結構高い見積もりでした。



ワタシ、あっさり後継車、見つけました。


優しそうで冷たい別れとなりそうです。


後継車は新古車『アルトン』と名前を付けました。


まだまだ青臭い6000キロ程度の君。


ワタシの相棒となったからには、辛いのは覚悟しておくように。









『ご苦労様』と『初めまして』

出会いと別れが行き交う3月までもう少し。





一足先に、そんな気分を少々。











スポンサーサイト
こんにちは
素敵な写真じゃないですか!
まっすぐに伸びるワイヤーが先で一箇所に集まる。
一本道で分かりやすい光景。

それに素敵なお話も一本道で分かりやすい工程。
巻き返し大変でしたね。

良くも悪くも今のシーズンは別れと出会いの季節。
それにしても車に名前、、、おもしろい。
Tarzan | 2011/02/26 16:06
> Trazan さん

『オッチョコチョイ』
まさかワタシがその類いとは思わないまま生きてきました。

しかし、よくよく考えると多々ありまして・・ (ノ_-。)

年齢からくるのでしょうか?

このまま年老いていくのをこのブログにゆっくり記して、いつかゆっくり見直してみたいものです。
kazunoichi | 2011/02/28 13:30
「タカシマ」「鷹島」???
グーグルの地図、「大きな地図で見る」をクリック、ポチッ!
それでも位置がよく分からず、縮尺バーを「広域」にスライド!

了解!しました。ここですね!
どこに行っても立派な橋が架かる長崎。
春風と潮風を受けてアルトン号と共に今日も走る。お疲れさまです。

鷹島はモンゴル村でしたっけ?行ったことないけれど。
次回は遊牧民の出で立ちでお願いします(笑)。
ちび太郎 | 2011/03/02 19:46
年老いて・・なんてm(__)m
そりゃね、1日1日老いて行くのは、自分も感じてます。
無理がきかない。疲れがとれにくい・・・
なんかkazunoichiさんらしく無い?言葉に思えて。
『何事にも?笑顔で、向かって行く』って、気合イメージなので。
人の事は、全く言えないカニが、います。が、人前では笑顔・・
いつもkazunoichiさんの言葉を、思い出し、頑張っております。
『鷹島大橋』本当の意味の?県と県との、架け橋なんですね。
カニにとって、3月〜5月は、忙しい日々が続きます。
泣きたくなる?泣くほど辛い?キツい?と、感じるピーク!無事、今年乗り越えられるか不安ですが。
やるのでしょう・・きっと。
精一杯、やっていれば、悔いも無い!そうやって生きて来たんだから・・
アルトン君?号?^^仲良く付き合って行って下さいね。
運転には、十分気をつけてm(__)m
カニ | 2011/03/05 22:50
> ちび太郎 さん

『遊牧民』
イマイチ乗り気はありませんが、もう一度行ったら挑んでみます。
なんとなく、『モンゴル』な感じになればいいんですかね?

鷹島。
ワタシは初めて聞きましたし、行きましたよ。

島に入るなり『ホークスアイランド』と書いた看板が目に入りました。

福岡県民のプロ野球ファンにはタマラナイ島みたいですね (^_^;)

kazunoichi | 2011/03/05 23:44
> カニ さん

『気合イメージ』なんだ〜 (^^ゞ

そんなカッコイイ言葉よりも、
『行き当たりばったり』
こんな言葉が似合いますよ、ワタシには・・・・。

これからが辛い時期なんですね。
頑張り抜くのはこの上なく辛いものです。
気を張りすぎることなく、
どことなく『行き当たりばったり』

って、そんな気楽に振る舞えない性分なのもわかる。
だけど、張り続ける事こそが辛いのです。

物事単純に捉えられれば、
『張り続ける事のない気持ちを張り続ける』

これでどう?

気楽に振る舞えないワタシ。
たぶん、その性分に近いであろうカニさん。

ほらほら、笑って ヽ(´ー`)ノ
kazunoichi | 2011/03/05 23:52
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/444
TRACKBACK