all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 300枚の有志達 | main | 放置手前のブログ >>
悪夢の旋律








娘、13歳、中学校1年生。



いろんなことを覚えて、多感な13歳。



大人ぶるくせに、風呂上がり下着姿のまま走り回る、そんな13歳。









これが、だ。

ワタシに隠している事実が一つある。

まだ口を割らない『本気さ』が心地よくもあるんだけどね。










『彼氏』









昨年12月のとある日。

それは突然に『開幕』である。

ワタシは五島から帰ってきて、仕事の整理をしていたところ、彼女は学校から帰ってきた。

こんな唄を歌いながら。







あい、らぶ、ゆううううううううう






連呼です。

飛んで跳ねてました。

そして部屋に入っていきました。

部屋に入ってからも連呼です。






あい、らぶ、ゆううううううううう









何だ??? ; ̄ロ ̄)


イカレタのかい?






着替えが済んで階段を下りてくる彼女。

と〜ぜん『悪夢の旋律』を奏でながら・・・・・。




あい、らぶ、ゆううううううううう










おいおい、その曲は先に進まんのかい!

同じフレーズばかり何度も・・・・。




さすがにワタシ、聞きました。

『ど〜した、何かあったの?』

彼女の返事にピ〜ンとくるワタシ。









彼女『ひ〜み〜つっ!』









; ̄ロ ̄)









嫁の話によると・・・・

立派に彼氏を作ったそうです。

なおかつ、『告られた』そうです。

なおかつ、『パパには内緒』だそうです。







ワタシ、知らぬフリを演じなければなりません。。。。。

ま、その本気さは嬉しくあります。

落ち込む時もくるであろう。

その時は何気に勇気づけるから、今は必死に。







<彼氏に告ぐ>

半端なことするんじゃないよ。

もてあそぶんじゃないよ。

キミも必死に。



昔、半端なことばかりして、悪いことばかりしたワタシよりキミへ。






そ・・

人には何も諭せないワタシの空回りなコトバで締めます。








スポンサーサイト
クフフ(^O^)焼きもちなんだぁ〜^^

文章読んでて、おかしくて(本気モードなのに)失礼・・謝

写真は当然素敵ですが^^
『その差は、チョッとした余裕だよ』そうですね。
特に今、余裕が無いからダメはカニでした・・汗

いつもだけどね(^_^.)なんかこ〜考え方?見方?感じ方が、楽な方?プラス思考に行かない。

ドッカ〜ンと、落ちてる経験が、有り過ぎて、用心?してる考え方しか・・不器用なカニ。

カニ | 2011/01/09 22:58
「あい、らぶ、ゆううううううううう」良いですね!そのフレーズのみってのが素直な心を表現してますね。

私たちにもそんな時代があったのか?
心弾む時間があったのか?
あったんですよね!間違いなくあった!

時間が経って大人になって、余計な雑音に振り回されると「あい、らぶ、ゆううううううううう」は
どこに行ってしまったのやら・・・。

「トイレには〜それは〜それはきれいな女神様がいるんやでぇ〜」
最近、こればっかり口ずさんでます(悲)。





ちび太郎 | 2011/01/10 19:58
> カニ さん

焼きもち、かな〜???
自分の中にある『昔のワタシ』も進んできた道ですから。
そ、こればかりは誰にも止められないのです。
己が進むのみ、ですもん。

人を好きになる。

その自然な、それでいて当然なオモイ。

だから学生はオモシロイ。
これこそが『若さ』なのですね ヾ( ´ー`)ノ

その『若さ』が霧に煙る40代。。。。 (ノ_-。)
深い霧の中に霞んであまり見えません。
だから、気付くと苦しかったり、焦ったり。

ほらほら、『チョッとした余裕』
それが『独りよがり』だとしても構わないもんです。

ほら、笑って。
kazunoichi | 2011/01/10 20:29
> ちび太郎 さん

『人を想う』
その大事な部分。

いつしか忘れて、
子供を叱るだけの大人にはなりたくないモノです。


『隠れてコソコソ』するスリル。


それも面白いのです。
それを考えると、親父は知らぬフリが一番なんでしょうね。

ワタシの神様はいったいドコに????
連絡先だけでも教えていただきたいものです。

kazunoichi | 2011/01/10 20:36
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/436
TRACKBACK