all photo and written by kazunoichi
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ついで | main | ピンポンパンポン >>
足 〜生きた証〜







昨日のお昼。




長崎の小浜温泉に出来た『105mの足湯』に行ってきました。




お金掛からなくていい感じだろってな軽い感じにて。




予想はしておりましたが、いい眺めと言えばいい眺め。




だけど、105mも続く足湯に並ぶその異様な感じ。




みんな足だけ温泉浸かりの光景。




向かい合わせで座って足だけ浸かる。






軽く計算しましょう。


一人分のスペース、およそ80センチ。


105mの向かい合わせだから、310mとして、80センチで割ると・・・・


およそ380人なり。






いろんな『足』がありましたよ。


そりゃ、見渡す限り『足』ですもん。


ワタシの隣、およそ70歳程度のご夫婦。


そりゃ、『これまで生きてきた足』でしたよ。


隣に座っただけで『お友達』完成 (* ̄▽ ̄)ノ


どこから来ただとか、そんな他愛もない話の数々。


でも、何だかホッとできる時間に感謝。










ホッとできる時間。






大事です。

今のワタシには。






今のワタシ・・・・・






『今のワタシ』と言いますと・・・・・











明日、火曜日からまたまた・・・・・・













『江島』ですもん・・・・ (ノ_-。)


『エノシマ』なんだけど『江ノ島』ではなくて『江島』


そ〜です、あの『江島





今度は2泊になる恐れあり、そんな旅模様。


でも、今回はキモチに覚悟ありな分、余裕ありなのです v( ̄∇ ̄)v


明日の夜は島景色満杯。


満点の星空が見られますように・・・・。









<意地の追記>

寂しくなんかないです。

島に行ったって。

誰かと友達になるんだ。

島の歴史を知るくらい長老の人と。

そんな事でもしないと、誰とも話さないで終わりそうだから・・・・。

ワタシの『足』で島を巡ってきます。

それもまた、ワタシの生きた証となるのなら。


それでは行ってきます。





スポンサーサイト
おいおい!
写真に写る人の列は、座って足をお湯に漬けている様子でしょうか?
恐るべし105m。

私も鞄持ちで結構ですから、江島調査隊に参加させて頂きたいと思うのです!
骨を埋める気も、のたれ死ぬ勇気も持ち合わせていませんが、温かい人との
ふれ合いは大いに期待するものです。

出張のつもりが、しばらく単身赴任というような事にならないことを願っています。

せっかくですから、「江島」からご家族や自分宛にハガキでも出してみてはどうで
しょうか?
親切な郵便屋さんもいることだし。
「今、お父さんは絶海の孤島江島からハガキを書いている・・・」ってな感じで。
ちょっと遺書めいた感じだなぁ(笑)。

それでは怪我のないよう気をつけて、行ってらっしゃいませ!
ちび太郎 | 2010/02/08 20:43
> ちび太郎 さん

おはようございます。

いい案ですね〜 (* ̄▽ ̄)ノ
『吹きすさぶ強風の中、震える手で手紙を書いている』みたいな始まり。

『思えば・・・』で昔の事を思い出しながら、
『こんな父を許しておくれ』みたいな結び。

・・・・・
・・・・・・


いけません (ノ_-。)
こんな手紙いけません・・・ (ノ_-。)

で、長崎は今日は雨。
前回の経験上、今日の海は時化てます・・・。
船酔い120%・・・

欠航しない事を祈りつつ、明日出発に延期してくれ、と願う肝っ玉の小さいワタシでした。

kazunoichi | 2010/02/09 07:18
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/371
TRACKBACK