all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アイツ | main | カカッテキヤガレ! >>
おめでとう、おつかれさん














『インフルエンザになんか移るもんか』のワタシ、kazunoichiです (^−^)




先日行なわれた子供の通う小学校での持久走大会。




去年も確か、このブログに書かせてもらったのだが・・・・




今年も、相変わらず休ませる気なんて全くナシのワタシ (^−^)




いかに遅かろうと、いかにきつかろうと、そんな事は知らない。




6年生の姉に関しては、最後の大会なのだ。




思いっきり『最下位』取ってくればいいのである (^−^)










が、だ。









去年までの5年間。


何を疑うこともなく、それでいて期待することもなく、


いつもの指定席である『最下位周辺』


今年もそうだろうって気楽に観戦のワタシ。


先週の日曜。


朝まで仕事明けの、そんな朝の9時、学校のグラウンド。


号砲一発、およそ1.5キロのレーススタート (^−^)












毎年、スタート早々でも後のほうを探せば見つかっていた彼女。











が、だ。










あれ?








後から探していくにも、なかなかムスメに当たらない。







10人ほど見て、もう一度最下位から見直すワタシ。







あれ?

やっぱりいない・・・・( ̄ー ̄?)








少々の期待と不安を重ねながら、一つ一つ上に上がってみる・・・・・・。























お?


















いたいた!


















なんと36人程度の中で、16番なのだ (^−^)















まだ1周目というものの、これは始まって以来の快挙、

いわゆる『赤飯』に値するものである。










か〜、こんな時にカメラなんて持ってきてないし・・・ (-_-;)









およそ半分過ぎた辺り、20番程度の娘。


これは、もしかしたらもしかするんじゃないかな?って思った矢先・・・・













彼女、コケちゃうのです・・・・・。











ヒザ小僧から、血を出しながら、それでも必死に。









そ、彼女の意地、なのでしょう。








成長したものです (^−^)







キツイキツイばかり、言っていた娘。






どうにか、真ん中でゴールです (^−^)






ウチの家系であり得ないのです (^−^)

















よかった。





彼女のゴールした後、純粋にそう思ったワタシ。





そんな気持ちに浸っているのに・・・・・・・





ゴールした娘が向かった先に・・・・・・・





笑顔で待っていたのは・・・・・












あの『彼氏』・・・・   (-_-;)













よかったよかった、手に手を取り合い騒ぐ二人・・・・・(-_-;)
























さ・・・・


冬の風は冷たくワタシを先導してくれます。


帰ろっと。


暖かいコーヒーだけがワタシを暖めてくれました。









それでも、よかった (^−^)


おめでとう、おつかれさん、6年生のお二人さん!





スポンサーサイト
良いお話ですなあ。
手に汗握って拝読しちゃいましたぞ。
最後のお話も良いですな。子供は成長するものですな、
で、しないと行けないのですな。ちょっと寂しさが漂いますが・・。
大福写真館 | 2009/11/21 13:36
> 大福写真館 さん

はじめまして。

なんと言いましょうか、いわゆる12歳の女の子。
これから親離れが一層加速するお年頃の彼女。
それもこれも『成長の証』なのですね (^−^)

今後ともよろしくお願い致します m(__)m
kazunoichi | 2009/11/22 04:47
おはようございま〜す、kazunoichiさん。

なんとなく、kazunoichiさんの心境が
わかるような気がします。

>帰ろっと
そういって、グランドをあとにするkazunoichiさんの
姿が目に浮かぶようですよ。

いつまでも子供だ子供だと思っていても、
いつかは、遠くで子供を応援しなければならない
ときが来るものですね。

過去記事へのコメントですいません。
Cape Light | 2009/11/23 10:53
> Cape Light さん

そ〜なんです。
悲しいけど、離れていくもので、離れなければオカシイ話なのです。

だけど。

そ、『だけど』の話。

深い意味もなく、
日々淡々と『成長』を見せつけられ、
父親の行動としては、
別に飾り立てられることもなく、
風だけが『元気出せよ』と通り過ぎていきます。

過去記事もなんでもござれ。

コメント、クビを長くして待っております (^−^)


kazunoichi | 2009/11/23 21:09
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/341
TRACKBACK