all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あろうことか・・ | main | したい事と、出来ない事 >>
担ぎたい・・・









コトバ、そんなものの存在も関係ない、感じるまま。




シビレマス・・・・(^−^)




テレビとは違う音に。

テレビとは違う絵に。






カメラを構えようとしても、所詮ワタシの腕では限界あります。

わかっているワタシは、カメラよりも『目に焼きつけ』であります。

感動は体験しなきゃ、である。





それにしても、台風の影響か、とても風が強く、荒れてました。


端っこの長崎でさえ、この風が吹くのですから心配です・・・。


被害が最小に抑えられますように・・・。









話をおくんちに戻します。


それぞれの町の出し物は、7年周期。


龍踊りだって、基本そうです。


毎年どこかの町が龍踊りを出すから、毎年あっているんですが。


今年の筑後町からの龍踊りは3頭です。


圧巻です。


それを見て思う事。











『担ぎたい・・・・』













重さ6トンもある引き物の船を20人足らずの根曳衆で引き回す『宝船』


この船をグルグル『7回転半』回す様に、もはや圧倒されます。


他の船と比べれば、存分に重いその船を、


根曳衆は必死に回します。


回したから、何かがあるわけでもありません。


何も変わることなんかないのに。


それでも、必死に。


回す方向に、根曳衆の力を一つに、低い体勢で。


それでも、回る姿は重々しいです。


アスファルトを削る音が、ものすごく重低音で『ゴゴゴゴゴ・・・・』


簡単には回りません。


それでも、回すのです。


掛け声と共に。


総大将の笛の合図と共にピタッと止まる、絵と音。





割れんばかりの拍手喝采。


肩で息する根曳衆。


どこか笑顔すら漂わせ、『粋』そのもの。












『担ぎたい・・・・』














子供のドラを叩く、その必死な様。


その様に感動したのは『唐船祭』


普通に船の上に乗って、音を出しているんではない。


その動き。


肩から力を入れて、一つ一つの音を必死に出します。


歯を食いしばる姿。


何度も何度も何度も・・・・、それは何度も。


大人の根曳衆が荒い波の様に荒々しく動いても、


その上でそれは必死に。


大人に全く引けをとりません。


モノスゴク必死な姿勢。


この日から3日間は、こういった子供達や大人は無条件に学校や仕事なんて休みです。


ト〜ゼンです。


コチラのほうが、どれほどに社会勉強か。















『担ぎたい・・・・』













仕事休めるから『担ぎたい』のではなく、キツさツラさを40までに体験したいものです。


40歳、あと2年後、再来年、平成23年。


7年に1回の『コッコデショ』が出ます。


もう一度、狙いに行くべきなのか・・・・。
















『担ぎたい・・・・』



そう思った38歳おくんちの夜。



十分に感動した後、長崎港を見つめて。
















スポンサーサイト
こんばんは^^
躍動感溢れる写真、良いですね〜!
風景だとか止まっているものばかり撮っているので
こういった写真に憧れます^^

それから「宴の後のヒカリ」も好きです。
街の光も良いですが、左にわずかに残る
夕焼けの名残が綺麗です。
NOBU | 2009/10/08 21:03
ありがとう。何故だかお礼を言いたい気分。

写真なのに動画を見ているような気がしました。

素晴らしい。

Kazunoichiならコッコデショ似合うと思う。お子ちゃまたちに凛とした父親の姿を見せてあげると一生の思い出になると思うなぁ。
向日葵 | 2009/10/09 00:46
> NOBU さん

こんばんは。
『長崎おくんち』の臨場感のホンの少し。
そのホンの少しだけでも伝えられたら幸いです。

もっともっと写真に残さないといけないのに、
ワタシのナケナシのアタマの中に記憶として残してしまいました・・・m(__)m

ズバリ。
再来年、狙い目です。
再来年辺り、新婚旅行でいかがですか???

あ・・・・
ワタシ・・・
旅行代理店の回し者ではございません・・・(-_-;)
kazunoichi | 2009/10/09 02:44
> 向日葵 さん

久しぶり (^_^)v

唐突に『ありがとう』とは予想外の展開・・・(-_-;)
褒めコトバには相変わらず慣れてないよ・・・・。

始まる前は、出し物みて今年はそんなに『華』はないって思ってた。
期待しない、この感じ。
これが、思ってもみない方向に動いたんだね。

やっぱ『おくんち』イイわ・・・ (^−^)

再来年。
もしかして、だよ、もしかしたら、見においで
(^_^)v
kazunoichi | 2009/10/09 02:51
くんちの雰囲気・躍動感、ばっちり撮れてますよ!

天気に左右されず、無事3日間終わりそうですね。

今までは私たち観る側が感動してましたが、今日すべての演技を終えた踊町の方々の達成感というか、充実感はやった者しか分からない大きなものでしょうね。

くんちに参加できるチャンスがあるのなら、検討する価値は十分ありますね。
その時は、私が専属のへっぽこカメラマンとなって参戦しましょう!
ちび太郎 | 2009/10/09 08:58
> ちび太郎 さん

いやはや m(__)m
ありがとうございます。

どうにか最終日の今日も曇り空。
今日の最後の最後の踊りを終えた後、
襲ってくるであろう達成感。
心地よすぎて舞い上がりそうですね (^−^)

ホント、その達成感、満喫してみたいのです。

『もしも』の時は、オネガイします m(__)m
『へっぽこ』と言うことなかれ。
『イッパシ』くらい言わせてください (^−^)

kazunoichi | 2009/10/09 13:04
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/315
TRACKBACK