all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 境目協奏曲 | main | 担ぎたい・・・ >>
あろうことか・・









いよいよ今日から、長崎では『おくんち』が始まりました。



雨が降っているのですが、長崎人の情熱には勝てません (^−^)









で、ですね・・・・









昨夜の仕事、朝4時過ぎに終わり、5時ごろ就寝したワタシ。


それでも朝6時半にはテレビの前でスタンバイなワタシ、元気でしょ?


なぜかって?


そりゃ、おくんちの最初、諏訪神社で行なわれる『奉納踊り』を見るためです。


さすがに、現地に行く元気は残されておりませんでした・・・。


民放でも2つ、NHK教育でも放送されてました。


これまでは、踊り街についていろんな説明を話してくれる民放のばかりを見ていたのですが、今年は何気に見たNHK教育。











これが、ですね・・・・・










いろんな説明はあんまり喋らないのです。


だけど、現場の臨場感はケタチガイに響きました。


睡眠不足のせいもあるのだろう、他人がペチャクチャ喋らないのが心地よかったのか。






囃子の音、

根曳衆の声、

石畳を擦る音、

総大将の笛の音、

観客の声・・・・


そんな『音』としての部分と、





必死に曳き船の上で音を作り出す必死な子供の姿、

根曳衆の、前方を見据える眼差し、

その地を這う様なまでの低い姿勢、

観客の零れんばかりの感動の笑顔、


そんな『絵』としての部分。












その全てが一度に飛び込んできたワタシは、




あろうことか・・・・・・




泣いてしまったのです。








映画やドラマでも、結構モロいワタシの涙腺管理局。

それでも、この手においてはなかった感覚。

涙腺異常警報が発令されたワタシは、止まらない涙を必死に拭いて、平静を装うのに必死。









さてさて、今夜おくんちの現場に向かいます。


カメラも持っていきますが、期待しないでください m(__)m


この目でしっかり見たいワタシがいます。


全ての音をココロに響かせたいワタシがいます。









決して泣かないように、




十分に強がって、




片意地張って、




肩で風切って歩いてきます。




『なで肩』ですが・・・・ (-_-;)










スポンサーサイト
日曜日の晩、私は今日から始まるくんちのビデオ予約をセットし、福岡へ向かったのです。

くんち中継はkazunoichiさんが言われるとおり、NHK教育、NBC、KTNが放送することになっていました。
NHKとKTNが6時55分放送開始に対し、NBCは6時54分開始でした。
たかが1分、されど1分。老舗NBCの気合いに入れ方が感じられました。

さらに番組表を見るとNBCは越中哲也大先生が解説、KTNは俳優近藤正臣さんがゲスト、NHKは特に・・・。

「精霊流し」の放送を見ることができなかった私は、躊躇無くNBC越中哲也大先生を選択するはずが・・・

『あろうことか・・』NHK教育をセットしました。
越中先生申し訳ございません!
来年の8月15日までお元気でいて下さい。

今週末、NHK教育の録画を見て私も涙したいと思います。

PS.浪速の弁慶をちょっと擁護したけど、亀田親父が相変わらずなので、「○○は死ななきゃ治らない」と言っておきます。

ちび太郎 | 2009/10/07 19:27
おくんち 血が騒ぎますねぇ〜
うちの母は長崎生まれ
育ちは唐津

なので唐津くんちは見たことがあります
みんな おくんちになると
ほんと テンション上がってました♪

あれからもうだいぶ経つので
また見に行きたいなぁ。。。
reiko+ | 2009/10/08 00:52
> ちび太郎 さん

まるでワタシを見ているような『マヌケっぷり』に、どことなく嬉しい気分になります (^−^)

人から『感動するよ』って言われて見るほど感動しないものはありません・・・(-_-;)
すみません m(__)m

確か、NHKは『星野知子』さんだったです。
星野さん自身の感動の声が観客と同じポイントってとこが良かったですよ。
大先生は物知りな分、
感動のポイントが玄人ですもん。

もっと詳しく知りたいのなら、NBC。
単純に、見たいだけならNHK。
NBCのコマーシャルの時にKTN。

こんな構図でしょうか?
(KTN関係の方、申し訳ありません m(__)m )

亀田のオヤジ、ですね・・・(-_-;)
ありゃ、問題外。
ってか、まだ弟だって20歳。
これから、いくらでもチャンスはある。
そのチャンスさえ潰されそうな、そんなオヤジの存在になりつつあります。
困ったものですね・・・・。
kazunoichi | 2009/10/08 10:34
> reiko+ さん

おう、長崎の血を少々は引き継いでいるんですね
(^−^)

全国各地のいろんな祭り、それぞれに『地元』ってのを意識します。
規模的には、長崎のおくんちはそんなに大きくないでしょう。それでも長崎人は熱狂して、騒ぐんです。

確か、再来年、コッコデショが出ます。
狙いはソコです。
自身持ってお勧めです。
掛け声、シャギリ、7年に1回だけ。
是非とも再来年、お越しください (^−^)

いや、再来年と言わず・・・
明日まで行なわれてます。
これからでも・・・・(^−^)
kazunoichi | 2009/10/08 10:42
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/314
TRACKBACK