all photo and written by kazunoichi
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 前方には注意を | main | 見習え、ワタシ >>
毎年ありがとう。
 


誰も、こんな小さな道草、気にする人はいないでしょう。


ワタシには毎年、
この誰の目にも気にならないであろうこの花がウチの倉庫付近に咲く始めると、
『あの頃』のワタシが『今』のワタシを応援してくれる感じがして笑顔になれます。


あ、念を押しますが、ワタシに花なんてガラじゃありませんよ (/_;)


繰り返し言えば悲しいのでもう言いませんが事実です・・・ (T_T)






殺風景な倉庫の雑草の根元にコッソリ咲く『君』よ、


毎年ありがとう。


元気を貰っているのは俺だけじゃない。


だからその小さな限り必死に・・・・。






それなりに必死に、である。


まぁ、ワタシから言われるまでもなく、この花は枯れるその日まで必死でしょう。


それは自然の摂理。


必死じゃないのはワタシ自身。


いつも要領よく、そればかりの計算高い『悪たれ人間』に成り下がっているみたいで・・・・。






それでも、今日は朝から倉庫で飲むコーヒーが美味しかった。


それはこの花のお陰 (^−^)








でさ・・・・・





でさ・・・・・・





この花の名前、なんて言うのかな・・・・ (T_T)
スポンサーサイト
これは「ムラサキカタバミ(紫片喰)」ですね!

たぶん・・・。

子供の頃、葉を根元から抜きとり、芯を取り出してそれの先端に葉がぶら下がった状態を作り、それを絡め合わせどちらの芯が先に切れるか・・・。
お袋とやってました。


ちび太郎 | 2009/05/16 02:41
> ちび太郎 さん

おはようございます。
『ムラサキカタバミ(紫片喰)』

花の名前、ありがとうございます m(__)m
以前教えてもらったような、
そんな気がしてきました・・・(-_-;)

いろんな人にいろんな思い出があるんですね〜。
小さいながらも、それは立派に。

ちび太郎さんがお母様とやってらした『お遊び』
ワタシは三つ葉のクローバーでやっていたような
そんな記憶が・・・・
あるよな、ないよな・・・・(-_-;)



それにしても・・・・



漢字で書くと『紫片喰』・・・・・




なんだか・・・・・・




『本宮ひろし』の漫画の世界みたい・・・ (-_-;)

kazunoichi | 2009/05/16 07:37
私もこのお花の名前、知りませんでした。
でも、こういう道ばたに咲いているお花、
私も大好きですよ。
ついつい立ち止まって
さらには道ばたにかがみ込んで
見つめちゃったりします。(笑)

人はこれらの花を

 雑草

という言葉で
片付けてしまいがちですが
そこにある小さな命は
確実に生きていて
私達と同じように
季節を感じ生きているんですよね。
yuka | 2009/05/16 21:16
> yuka さん

『季節を感じ』
そうですね (^−^)

5月となると、
この『ムラサキカタバミ(紫片喰)』
その小さな花びらを満杯に
まるで
『噴水が如く』
その花びらを謳歌させてます。

その小さく
名も知られない花でさえ
『噴水が如く』キレイです。
kazunoichi | 2009/05/16 22:56
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/225
TRACKBACK