all photo and written by kazunoichi
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 即決です。 | main | 一生懸命に一所懸命 >>
一人アタフタ



思い出す。


それは、WBCの応援にココロ入れ出していた頃、3月14日の夜。


世間は土曜日。


ワタシは16日から始まるWBC二次ラウンドに向けて意気揚々と過ごしていた時。








『マジで嬉か〜 (^−^)』、とは
ウチの今度6年生になる娘の一言。





『何?何があったと? (^−^)』、とは
これから聞かされるであろう現実を寸分も想像していない『幸せボケ』なワタシ。








軽く、か〜るく、それは何の躊躇いもなく聞くことになる。


『この前バレンタインでチョコ渡したら今日お返しば貰ったと〜 (^−^) 』






















『え・・・・・・? (T_T)』



そうですか、いよいよ始まりますか・・・・・。

(何が?ってノリツッコミ許可っす。)




いやいや、もう6年生。


そりゃいろいろあるさ、あるってもんだよ。


わかるよ、わかるさ、あ〜わかるさっ!





気付かれないように、悟られないように、満面の作り笑顔 (^−^)



『よかったね〜』なんて言ってみたりして・・・・(T_T)



『で、でさ、それ誰から?』、とは
意地の汚い父親のワタシ・・・・・。





聞けば、クラスの人気者の男の子。


『ほ〜、オメェサンも厳しいところ攻めるんだな・・・(-_-;) 』言葉には出さないが、彼女の人間性もわかるこの趣味。








高嶺の花、それは手を伸ばさない限り届くこともない。
でも手を伸ばさないと届かないモノ。






彼女、それ狙っているみたいっす。



最終学年の6年生になる今年。


いよいよ学校生活に『色恋』が反映されてくるであろう一年を前にしての最後の春休み満喫中のムスメ。





『デート資金』の足しになるくらいにお小遣いコッソリ渡さないといけないのかな?











非常に気が早いワタシ・・・・。






一人アタフタしております (-_-;)





それとともに、確実に世間一般論で言うところの『オヤジ』に完璧になったと我ながら思う悲しい37歳のワタシ発見。






一人アタフタしております (-_-;)




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kazunoichi.jugem.jp/trackback/194
TRACKBACK