all photo and written by kazunoichi
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

そんな心境










現実に起こっている『放射能汚染』がワタシのブログへの距離を遠めます。



何を語るよ。



そんな心境のワタシ。








何を書いても、途中で諦めます。


何度書いても、途中で諦めます。


そんな心境のワタシ。







そんな毎日ですが、明日から五島です。






いちお、写真積み込みました。


そんな時間があるのかないのかわかりませんが、用意だけは。









アオが透き通る季節。


ワタシの中の『何か』も透き通ってくれるのを期待して。






それでは行ってきます。






ただただ目の前の壁を








一つ一つ、乗り越えていかなければ。


結果や過程なんかを気にしないで、ただただ目の前の壁を。









ワタシ、どうせ考えて行動したところで行き詰まるのです。


ならば、です。


『勢い』に賭けてみるのもいいです。


『一日』は誰に対しても『一日』なのだから。







『これからの一時間をどう過ごすか?』ではなくて、


『今何をするか?』です。


先見力は今の政府並にアヤフヤなワタシ。


とにかく目の前を必死に、それでいて笑いながら。








ガラになくセピアで写真を撮ってみたワタシ。


これもまた『ありえない感情の表れ』なのです。


どこか寂しく、どこかアナログに。


そんな感じの、必死さと直向さ。










今夜のワタシ、笑ってるかな〜?









1週間のハジマリハジマリ
owarinohajimarinouta.jpg








その内に気分も上がってくるかと思えばそうでもない今のワタシ。




時間を作ろうとしても、何だか悪循環に陥る今のワタシ。






進んでいる。

それは実感出来る。

ただヤミクモに動いている。








人生の中、こんな時期があってもいいんじゃい v( ̄∇ ̄)v








もう、開き直るしかありません。

今更、投げ出すものもありませんし。








昨日までの1週間のオワリ。

さ、明日からの1週間のハジマリ。








オワリがハジマリ。

ね、進もよ!











<いよいよ始まった寝不足月間>


ワールドカップ。


いよいよ明日、我らが日本登場。


一足先に韓国の勝利。


あの動きが日本代表にも欲しいトコロですね〜。


スイもアマイも『現実直視』


ベスト4だの何だの言うのは自由。


これからは『現実』が待ってます。


オワリがハジマリ。






テレビの前で必死に応援して、

負けてもいいから、

『ワタシの中に燃え上がる何か』

それを見つけたいが為に寝不足が始まります。






『せめて1勝』

『せめて1笑』




そんな1週間のハジマリハジマリ・・・・。












たまにはさ・・・・













今日嬉しい事があった人に、





今夜のビールも美味しかった人に、





一つ、何か一つでも笑える事があった人に、





今日を思い出し、何もなかったけど、それもまたヨシとする人に、





上を望んだつもりで、でもでも結局普通に過ごしてしまった人に、





目を閉じて、オヤスミの夢の中に入る前、

その全ての人に、この花束を。












な〜んて、洒落てみました (* ̄▽ ̄)ノ



『ガラ』ではありません (ノ_-。)








でもさ・・



たまにはさ・・・・



届けたいんだ・・・・・



ホントに写真は素人なんだけど・・・・



誰かのココロに届く花の色を。









<おっと、このまま終われば違うブログみたいだよ・・・って事で追記>


子供が二人だけで、


嫁の実家へ里帰り。


バスの乗り換えなんかしながら、およそ2時間のバス旅行。


どことなく心配はしていたものの、


『やればできる』んです。


いつしか礼儀を弁え、弟の面倒を見れるようになった姉御。


その姉御に、いつもは口答えばかりしていた坊主も、この時ばかりは服従です (* ̄▽ ̄)


どのバス停で降りるか、どこ行きのバスに乗るかは教えたんだけど、


基本、自分たちだけでの行動。


どことなく遠足気分の坊主も、


一度バスに乗れば、姉御のシモベ。。。。。





さてさて、そんな連中も明日は帰ってきます。


どんな話を持ち帰ってくるかな?




今夜も冷え込みます・・・・

皆さん、体調管理にはくれぐれもご注意を。








そんな朝の風景








いよいよ、今週はクリスマスがやってきます。




皆さんのところも、しっかり冷えてきましたか?




ここ九州は長崎も、先週末から一気の冷え込みで平地でも雪が降りました。




しかし、今日から寒さも和らぎ、明日から最高気温も14度程度と暖かくなりそうです。













暖かくなったといえば、『熱かった』ですね、長谷川穂積チャンピオン。




寡黙のチャンプの彼。




ワタシには真似できない、あの必死さ。




多くを語らずに、結果を残す。




亀仙人も、ワタシも見習うべきところですね・・・・。














さて、話はクリスマスに戻ります。




この時期、『サンタ』をどう演じるか、忙しい中にも考えなければいけません。




どうにも去年頃から怪しみだした、6年生の娘。




タブン、確信に変わったのでしょう・・・・。





今朝、眠たいワタシに向かってこう切り出しました。


















『24日も夜仕事?』とは娘。



『違うよ、その日は違うよ』と普通に答えるワタシ。






この後の一言がツライのです・・・・












『疲れているんだろうけど、朝方に置き忘れる前に、置いてから寝てね (^−^)』














もはや答えるコトバは・・・・・


『おぅ』


睡眠不足のワタシには、それしか残っておりませんでした・・・・ (T_T)















『認めたサンタ役』

良かったのだろうか?






いまだに信じている3年生のボンの

『何言ってるのさ、サンタは絶対来るんだよ』

そのコトバが虚しいくらいに響き渡る、そんな朝の風景でした。










<追記>


諫早でキレイな場所を見つけました。

是非、ここで上げられればって思ってます。

だから、

まだ『メリークリスマス』とは書きません、伝えません。




『kazunoichi Santa』は24日にここでブログを通してお邪魔します。



残すところ、10日ほど。

体に注意して、忙しい年末年始を迎えてください。


そんなもんです。







昨日、ボクシングの試合がありましたね。




ワタシは、夜通しのお仕事 (-_-;)




十分すぎるくらいに確認の元、ビデオを予約して出社。




そして、一切の勝負を決した情報の侵入に注意して、




帰ってきた朝方4時。




















『さて、観るか』

(^−^)













途中で停止していたテープの巻き戻し。
















と・・・・・・





















ここで、異様な音と共に、停止するデッキ。





















(-_-;)



















嫌な予感・・・・・。






















テープ・・・・・・



















ビデオテープのケースの中で、巻きついているのです・・・・・ (T_T)






















デッキの中に巻きついていないので、

とりあえず、サッとでてきた『巻きつきビデオテープ』












さてと・・・・


相手を睨めること数分。














『イチかバチかだ、テープをバラそう』


















ビデオテープってバラせるんですね〜 (^−^)


小さなビスが5ヶ所で固定してあるだけ。


観られるか観られないか。


そんな大勝負の4時半手前のワタシ・・・・・。


すべてをバラしたあと、巻きついたテープの部分を正常になるまで、


手作業による『お直し作業』


事は難しくない。


ただ、シワとかないように、ビシッとまくだけ。


ただ・・・・・


単純な作業ほど・・・・・












睡魔を呼びます・・・・・・・・ (T_T)
















揺れるワタシのコウベを、必死に止めながら巻くこと数分。











とにかく、巻きついていない状況のテープに回復。










あとは、映像が変わりなく流れてくれるか?












せっかく録画したボクシング。


オネガイ。


















この世には、神様はたまにいるものです。


無事に流れる試合風景 (^−^)


あまりの嬉しさに、そのまま観出して、必死にチャンピオンの応援。





















を、していた・・・・・・


















していた・・・・・・



















気がついたら、朝の7時30分過ぎ。






















目を覚ましたテレビに映っていたのは・・・・


みのもんたさんの『朝ズバ』なる番組での、昨日のボクシングの試合風景・・・・・。
















そ・・・・・・・・・・



結局は、朝のニュースで知ることになった、昨日の試合結果・・・・・・・・。


















そんなもんです。


ワタシって、そんなもんです・・・・・。









二つに一つ。








二つに一つ。




その選択を人生の分岐点ごとにハズシ続け、今のワタシの出来上がり。




あの時、こうしてればよかったのにな・・・、な〜んて振り返ればいくらでも、




その分岐点があった我が人生。




間違ったとは思いたくない。




選んだのはワタシ。




進んできたのはワタシ。












で、昨夜起こった選択の例を一つ。










仕事が終わり、朝方4時半ごろ帰宅のワタシ。




車で普通に帰り道。




先日話した『異常食(夜中に食べるお菓子)』が急に欲しくなり、




『コンビニに寄るかどうか』




その選択に揺れてました。




散々悩んだ挙句、やっぱり我慢することにしました。




でも、そのままの左車線で走っていると勢いのままに寄りそうだったから




『右車線にズレマシタ』













数秒後にこの判断が・・・・・。










右車線にずれ、赤信号に停車のワタシ。



必死に視界に入るセブンイレブンを無視するかのように、右側を見るワタシ。



その瞬間・・・・・・





















停車している左側の車線から、物凄い音・・・・・。




ビックリしてみてみると・・・・・




思いっきり後続のトラックがぶつかってるではありませんか・・・・(-_-;)




軽の乗用車、半分以上めり込んでましたよ・・・・。




時間が時間だけに、ワタシも救助作業のお手伝い。









運がいいのか悪いのか、ワタシは無事に今を迎えてます。




二つに一つ。




『夜中のお菓子』を選択していたら、間違いなくワタシの番でした。












そんなことを考えながら、事故現場を離れたワタシ・・・・




『ヒドイ怪我じゃなくてよかったな・・・』




な〜んて無意識で考えてたワタシが取った行動が、
















目の前の『セブンイレブン』でポテチ買ってましたとさ・・・・・(-_-;)











ん〜、やっぱ無意識ってコワい・・・・・(T_T)











ってか、皆さん、事故には十分すぎるくらいに慎重に。
九月の風が運んでくれた知らせ






ココ最近になって、夜の涼しさを実感してます。



それでいて、昼間はまだまだイッパシの暑さが襲ってきます。



そんな九月初旬。



でもね、嫌なことばかりでもない。



嬉しい知らせを届けてくれるのも九月の風。











『東京にいる唯一無二の親友のキミへ』


二人目、おめでとう (^−^)

面と向かっては伝えることは出来ないし、

こんな事は恥ずかしくて口にも出来ませんが、

誰よりワタシは嬉しく思います。

二人の父親になったキミ。

今度は女の子との事。

よかったね、ホントに。

命が生まれるのは、簡単なことじゃない。

それでも、希望が生まれる。

ヒカリを求めて。

まだまだ小さく、

ヒカリを感じない瞳が、

もうしばらくしたら、キミに出会う。

万感のそのオモイを

いつまでも、いつまでも大事に。











『生まれてきたキミへ』


あと1週間ズレてたら、ワタシと一緒だったんだよ・・・・(-_-;)


って、ワタシのクダラナイ希望なんてお構いナシに生まれてきたキミ。


キミのパパは、とっても周りを穏やかにする、できる。


その優しさ、ちゃんとその目で学ぶんだよ (^−^)


いつまでも希望を胸に、笑顔絶やさず、穏やかに。


ほら、もうすぐキミはその瞳でパパと出会う、ママと出会う。


ハジケル笑顔を準備しといてね (^−^)











ワタシ、


性格が難しいから、友人と呼ぶべき人が少ない、って思うんです・・・。


なおかつ、ワタシ自身、転校生。


そんなワタシを、気付けば『地元の人か?』って間違えてもらえるくらいに


溶け込ませてくれた恩人。


どんなに苦しいワタシを、いつも落ち着かせてくれる恩人。











そんなキミからの嬉しい知らせ。





九月の風が運んでくれた知らせ。





なんてココチがいいんだろう (^−^)












西日に暮れていく道端の花。


そのキイロに、ワタシの気持ちを乗せて。











おめでとう (^−^)











<追伸>


届くのかな・・・・(-_-;)


いや、届いたら気持ち悪い・・・・(-_-;)


こんなコトバを口にするような人間でもないから、聞かれてもテレルのだ・・・(T_T)



メガホン
 





いやらしいほどに『夏』おいでになりそうですね・・・(-_-;)



この写真を自宅周辺で撮っていると・・・・



なにやら遠くの方から大きい声で叫んでいる、うちのボン発見。



『何か』でメガホンのようなものを作り、友達同士で叫んでます。



そんな事で笑いあえる。



そんな友達っていいね (^−^)



彼はワタシに気付き、その『メガホン』をオモムロに差し出し、



自信満々にこう言うのです、暑い日差しが燦燦と照りつける日差しの下で。







『はい、これ、通知表 (^−^)
 まぁ、こんなもん。
 上もなけりゃ〜、下もな〜い〜』







『メガホン』にしていた上に、


歌にまでしてやがる・・・・(T_T)


成績なんて、ど〜でもいい、そんな小学3年生。


学校が面白くて、遊ぶことばっかし。


『宿題しろ』のコトバには反応が非常に悪く、


『キャッチボールするか』の問いには、この上ない俊敏な返事をするボン。


ま・・・・


『メガホン』にしていた時点で・・・・


ワタシと通ずるものが・・・・(T_T)







『メガホン』の中身見てみれば


ほほ〜、ホント『上も下もない』成績。


それでも、学校には休む事なく皆勤賞 (^−^)


望めばキリがなく、DNA的に望むことも期待薄・・・。









『それでいいじゃない (^−^)』








そんなもんです。


夕陽に照らされていたハナは


今年の夏の暑さを予想しているかのよう。


『赤点』でなく、注意して進んでいける『黄色の通知表』


まずは1学期終了おめでと (^−^)







迎えた『夏休み』




電気代がいっぺんに跳ね上がる『夏休み』




ワタシの日常には、何の関係もありませんが・・・・(T_T)





意地から生まれる幸せ






お久しぶりです。


週末、オヤジの体調が芳しくなくて、バタバタしておりました。





それにしても・・・・・



来ましたね・・・・・



『暑い日』が (T_T)



去年同様、毎年の事ながら、『ポカリチック』になりました (/_;)



塩分大事。


梅干強制摂取。


そんな時期です。



はぁ・・・・(/_;)










そういえば、前回のクレマチスの写真、


金曜日に持っていったときには


ある意味『予想通り』に、


何のことだかわからない、


そんな感じで見てたのですが


オヤジが元気になった、今日もう一度見せてみると・・・・・







ヤツのアタマ・・・・・





しっかりネジが締まったようで・・・





しっかり記憶の中にある『あの事件』を、





それは、事詳細に・・・・(T_T)





嬉しいんだか、何なんだか・・・。





『育て方』までご指南くださって、これまた、嬉しいんだか・・・(T_T)













『てめぇ、週末は熱に魘され、ようやく落ち着いたら、それかよ・・・』











そんな一言をぶつけたい気持ちもありましたが、


ま、動き出したオヤジの記憶、それを歓迎しなくちゃ、ってね。








今のオヤジの状況は決して幸せでもない。


ヒトリで何も出来る状態でもない。


だけど、今のオヤジなりに、幸せを探してもらいたい。


これは、きっと『キレイゴト』なんだけどね。


だけど、捨てたもんじゃないです。


それは『生きている』から。






ハナの咲いてない、キレイな葉。


それもまた、キレイなのだ。


ワタシ自身、ハナなんて咲かすほど幸せでもありませんが、


周りにいる『友人というハッパ』に支えられ、今がある。







ならば、オヤジもそうであってもらいたい。


もはや、誰とも付き合いのない、孤独の中。


支えるのは、それでも、『周り』なのだ。


『孤独』と寂しがっても、『ヒトリ』ではない。


『ヒトリ』にさせない。


その意地。







一つ一つの『意地』で生まれる、オヤジの『周り』


そこに、オヤジなりの『幸せ』を見出してもらいたい。


全ては『キレイゴト』なのは百も承知。


屈したら、すべては泣き言。






『意地から生まれる幸せ』




それもまた、『アリ』なんでしょう。

動ける自分自身がいる限り、負けてばかりもいられない。