all photo and written by kazunoichi
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『歩くワタシ』
 







で、『お久しぶり』過ぎで、何と申してよいかと困っております m(__)m




決して何かあったわけではないのですが。



時は過ぎ、気づけば9月。


早いもので、暑いばかりの毎日だったはずなのに、朝晩とメッキリ過ごしやすくなったもんです。








今月。


9月。


いよいよ40の大台を迎えます。


残された日数、およそ一週間。


さて困った。


何を残す?


30の大台を迎えた10年前。


あの日は海に飛び込んだのを思い出します。


時は確実に流れている。


流れていないのは、ワタシの頭の中くらいです。








話を大幅に切り替えます。






今年の天災には、億劫になります。


どのコトバもかき消されます。


どうか、救える命だけでも救われますように。







話を大幅に切り替えます。






いまだにゴルフは続けています。


いまだに進歩など関係ないみたいです。


100を切ったら、ココでワイワイ展開しますので乞うご期待。。。。。


いつになるかの約束だけは出来ません。。。。。







話を大幅に切り替えます。




今日、仕事で伊王島に車で渡り、それから高島まで足を伸ばしました。


仕事を片付け、帰りの船までおよそ1時間半。


普段歩くのは大嫌いですけど、


ゴルフ始めて、このあたりの感覚が変わりました。


『歩くワタシ』


ワタシを知ってる人は笑い出すことでしょう。


およそ島1周が6.4キロ。


間に合わない事も考えて、バス通り沿いのおよそ4キロを歩いてきました。


普段仕事していると『余裕』がなくなります。


『歩くワタシ』は久しぶりにカメラです。







キレイな海のアオに、


『暑い日に見たアオとは確実に変わったな〜』なんて思っていると、


ふと目についた、コンクリート作りの廃墟建物。


この無機質と自然のキレイなコントラスト。


ワタシ『らしくないですが』、
なんとも言えない感覚の少しでも届きますように。















静かに暮らしていければそれでいいさ。


だから、これ以上無駄に天災なんか起こるなよ。


誰に届くこともないんだけど、


こうまで色々続けば、どことなく悲しい事でもあります。









さて、『厄入り』。



どうしよ?












7月到来








アジサイの月が終わりました。



7月到来。



常識外の暑さが続きますが、お体には十分注意してください。



来週からまた五島だの壱岐だの『大忙し』確定なのです。。。。。







キレイな海に、キレイな空に囲まれてきます。







ま、



そんな気分になれるかどうか、



それが問題なのですが m(__)m








ゴメンナサイ。

久しぶりなのに、あまりコトバが並びません。

これも偏に『湿気満杯』のせいでしょう。。。。。。













ここ、やっぱり綺麗

<三井楽海水浴場>





トバシ気味に撮ってみた写真。



久しぶりに三井楽の高浜です。



ここ、やっぱり綺麗です。



しなきゃいけない仕事はたっぷり待っていたんですが、ここでしばし休憩しました。



前回もこんな角度で撮ったんだけど、



今回は違う角度から、もう一枚。

















左側に写っている道路が国道です。



とっても遠沖で、気持ちいい色でした。



山の向こうにも綺麗な場所があります。






<頓泊海水浴場>






こんな景色があるのに、仕事なんて出来るもんじゃありません。



ゆっくりじっくり、です。



焦ってみても何にも変わらない。



自分なりに『ツボ』押さえて動くのです。





勢いに任せて動くもヨシ。

要点のみ必死に動くもヨシ。

自分のペースを人に強要しない。




何かが出来る。

形になる。

結果の出来上がりなんてどうでもいいじゃん。

自分なりの形になればいいだけ。




形や格好にこだわることなく、

まずは足元のまわり、だけでも。











そう言いながら、ワタシの靴の紐、ほどけていましたとさ。。。。。。











えっと、いちお、場所的にはこんなトコロ。










いろんな出来事は、また今度。


ようやく帰ってきて、仕事の整理がタンマリ待っている現実を知るワタシより。











テーブル奪取戦争








今日は雨の日曜日の長崎。




この調子だから、久しぶりの休日もどこに行くこともないのです。




それでも、久しぶりの休みをゴロゴロ過ごさせてはくれないウチの精鋭部隊2名。




ってことで、中心の夢彩都へ。









文房具を見だすと、何だか時間の過ぎゆくのも忘れます。


ココはワタシに合っているのです。


高い万年筆を買うこともないのに試筆してみたり。。。。


金額もみずに試筆してみたら、非常に書きやすい万年筆発見。


恐る恐る金額の数字の配列みてみると・・・・


予想を覆すこともなく、0ばかり並んでおりました。


こういったときには『0が3つ以上連なっている数字は認識不能』になるワタシの頭。


ある意味、『りこもん』です、『利口者』です。







こんな感じで午前中を乗り越え、お昼の時間。



こういった商業施設の中には、地下に行けば、何かしら食べられる場所があるのです。


しかしながら、雨降りの正午。


イッパイに溢れかえるほどに群がる人、人、人。


そうです。


こんな日は、こういった施設は嬉しい悲鳴でしょう。












予想通りの『満席』








順番待ちなんかのルールもなく、
空いたテーブルを己の力で確保しなければいけないのです。






これ、ある意味、戦争なのです。





いえいえ、大袈裟でもありません。




だってこんな事が起きたのだから。














息子と二人、テーブル探しに徘徊開始。


それでも、人様の食事している脇をジロジロ見るわけにもいかず、


『らしい』テーブル探しです。


それでもなかなか見つからない、本日雨降りのお昼時。







『サバイバル』です。






そんな折、息子が遠くから『空いたよ〜っ!』との声。





いいぞ、よく見つけた!


そんな事を考えながら向かうと、息子より少々小さい、

まだ幼稚園らしき男の子がすぐ脇にいるではありませんか。

そして、その視線は、ワタシを見るでもなく、息子を見るでなく、

ジッと『椅子』を見つめているのです。



そしてお母さんが現れて、

『駄目だよ、ココは順番だからね〜、お兄ちゃんが先だったでしょう?』

と、常識あるお言葉を子供さんに伝えておりました。






だけど、ここで息子がこう言うのです。





『いいよ、ここで食べていいよ』って。





『テーブル奪取戦争』にも、席を譲る我が息子。









嬉しいものです。

気づけば、ワタシより確実に『大人な対応』です。









息子と二人、『別のテーブル探そう』と次の獲物探しです。


もう一周していると、先程のテーブルからそんなに離れていないテーブルでこれまた空きそうな雰囲気。



それを察知する、ワタシと息子。



お互いに目を合わせ、そしてアイコンタクト。



これ、絶妙の成せる技です。








足を速める息子、そのテーブルに一直線です。










そして・・・・・・








お客が椅子を立ち上がり・・・・・・・











息子がオモムロに振り向きながら・・・・・・










『空いたよ』って目で見る・・・・・・・・










そして息子が空いた椅子に座ろうとする・・・・・・・・









その瞬間・・・・・・・










どこからとも現れた50過ぎのオヤジに座られ・・・・・・・









事もあろうか・・・・・・・









その嫁が・・・・・・・









息子の握っていた椅子を取り上げ・・・・・・








ノウノウと座るではありませんか。














(-_-メ)











それを悲しい目で見る、息子。










その一部始終をワタシは見ていたのです。









これは許せない。







基本的に気が短い感じのワタシは

『おいオヤジ、そりゃ駄目だろよ』って言うつもりだった。

その勢いで、そのテーブルに向かっていたのに・・・・・・・








先程、息子がテーブルを譲った家族の父親が、

ワタシよりも先に怒鳴りつけてくれました。





すると、周りのお客さんまでも。






これまた感謝です m(__)m






いや、冷静に考えれば『息子の成し得た事』なのです。













すると、問題夫婦は立ち上がって、その店から出ていきました。












これにて『テーブル奪取戦争』に終止符を打つことが出来ました。










でもね・・・・・


まさか・・・・・


アイスコーヒーだけ頼むわけにもいかず、


必要以上のお昼ごはんまでしっかり買わなければいけない事になったのはいうまでもありません。















ただ、よかった。



『息子の良心が無駄になることなく終わったことに感謝』




やけに、今日のポテトは塩が効いて美味しかったな。
















<明日は鹿島へ>



明日の予定は佐賀県鹿島市です。


ココには美味しいシュークリーム屋さんがあります。


寄る時間ができるかわからないけど、寄れればいいな。











一年前の戦慄再び
 






長崎県から、一度隣の佐賀県に出て行かなければ行けない長崎県。




船で行くわけではない、道路としては繋がっている長崎県。




正直、知らなかったワタシ・・・・。









それは、夕刻、明日の予定を決めている時に。


『明日、タカシマに行ってくれるか?』


『いいよ、タカシマでしょ?』


『そ、タカシマな』







長崎港からおよそ船で30分程度の島、『高島』


伊王島のちょっと先の島。


だから、船も一日に結構行き来する島。


ってことは、翌朝に予定たてて動けばいいや、って感じです。


いわゆる、この段階では『余裕チャキチャキ』であります。










で、翌朝。








訪問先に電話して時間の確認しなきゃな、ってな感じで軽く訪問先の電話番号確認。








・・・・・・・・







・・・・・・・・・・   (ノ_-。)







0955?






おいおい、長崎は 095 だよな???













ここでアタマを過るのは、一年前『江島事件』




ヤバい・・・・




一年前の戦慄再び。。。。。。。



どこだよ、今回の『タカシマ』はどこなんだ。。。。。。











高島と鷹島。








カタカナで書けば、タカシマとタカシマ。






もし、
人間同士の会話が文字として認識できていれば、こんな勘違いもなくなるであろう。






はい、鷹島はココです。




大きな地図で見る



ありえます?



現場までおよそ2時間半。。。。。 (ノ_-。)



救いは、陸繋がりだったこと。



船の時間に左右されずに、己の時間で進めることができるだけ。









この橋が唯一島と繋がる道。


『鷹島大橋』









この手前側は佐賀県、あちらは長崎県。



ワタシがこの橋の手前に来るまでに、
佐賀県に入ってグルグル走り回ること、
およそ2時間、
距離は120km。。。。。。。 (ノ_-。)



まだ仕事もしていないのに『グッタリ』





そんなこんな相も変わらずなワタシです。。。。。










<いよいよ寿命を迎える仕事車の軽トラへ>


先日の五島で、何だか調子が悪くなったワタシの『ケイトリアン』



気がつけば、距離は20万キロ。



ありがと。



無理して引っ張っていました。



おかげで、今期決算、帳面上で黒字です。



あくまで帳面上、ではあるんだけど。。。。。



だけど、もう寿命です。



クタクタな君をこれ以上は無理です。



君の手術代、結構高い見積もりでした。



ワタシ、あっさり後継車、見つけました。


優しそうで冷たい別れとなりそうです。


後継車は新古車『アルトン』と名前を付けました。


まだまだ青臭い6000キロ程度の君。


ワタシの相棒となったからには、辛いのは覚悟しておくように。









『ご苦労様』と『初めまして』

出会いと別れが行き交う3月までもう少し。





一足先に、そんな気分を少々。











9月は申し訳ありませんでした









明日から10月。



そりゃ寒くもなりますわな。。。。



『おくんち』ですもん、長崎は。



10月の7〜9日は立派に祭りに染まるのです ヾ( ´ー`)ノ



黙っていられない、そんな長崎人の血が流れるワタシではありますが、







が、なんです。。。。。






4日より、これまたいつものように『五島行き』なんですな。


非常に危ないワタシの『おくんち模様』


気付けば、ワタシの年に一度の貴重な誕生日も、今年は確か五島だったような (ノ_-。)



え〜、え〜、『ひとりぼっち』です。



メデタイ歳でもないんだからいいんだけど、

この40前の最後の誕生日、何も一人で過ごさなくても、であります。








そんなこんな、ブログに参上しなかったワタシの『9月ブログ』の反省 m(_ _)m









さ、10月は綴るぞ〜。


9月に黙ってた分、倍返しです。


(誰に対してだよ??? (ノ_-。) )







ってな事で『9月は申し訳ありませんでした』なのでした。
















ベスト16









で、息子の剣道の試合結果からお知らせする今日の話題。



いつもと違う、これまでと違う『2回戦負け』でした。



負ければ終わりの個人戦。



4年生参加人数32人。



そ、『2回戦負け』もコトバを変えれば『ベスト16』になるのです ヾ( ´ー`)ノ



そ、今回は息子に『ベスト16』の称号を与える事にしようと。










なぜかって?









こうすれば勝てた、とか

あ〜したから負けた、とか

どうして最初に1本取って、2本取られてしまったか、とか・・・・。

究極『最初に1本取ってから、逃げ回ればよかった』まで・・・ (ノ_-。)



でも、その探求心こそ向上心のハジマリだよね。

きっと探究心はいろんな事に大事になってくるものだ。

いやいや、勉強じゃない。

生きていくからこそ探究心って大事になってくる。



それは、スポーツ。

それは、恋。

すべては探究心。



結果だけ見ると『2回戦負け』
今までとは一つ勝ったかどうかの差。

だけど、何だか期待させる負け方。







だから今回は息子に『ベスト16』の称号を与える事に。










生きているからこそ、
元気でいるからこそ、
その『探究心』をいつまでも大事に。












あ・・・・




もしかして・・・・・




探究心を忘れているのは・・・・・




他の誰でもない、ワタシだよ・・・・・ (ノ_-。)




サボりな一枚










夏の8月、日付は25日。



あと4ヶ月もすれば、メリークリスマスです。



なのに・・・・



なのに・・・・



一向に暑さが緩みませんね。



緩んでいるのは、ワタシのアタマ、それくらい (ノ_-。)








今日は野母崎亜熱帯植物園の目の前を通過しました。



そ、通過しただけ。



見上げたソラに面白い雲発見のお知らせの写真。



一刻も早く、先方様宅にお伺いしなければならないものの、しっかり写真です。



仕事中の写真といえば・・・・・












島原市内、武家屋敷付近です。









さて今日も始まります。


願ってもいないですが、どうせ暑いです。


今日も『サボりな一枚』狙って動いてみます。







負けちゃいられません
 






五島帰り。



いつもの事ながら、時間が空いてしまいました。。。。



もはや、このブログを続ける意味があるのかって自問自答ですが、

それでも、意味のない事ばかりでもないのでお許しくださいませ m(_ _)m




五島から夜の便で帰ってきて、ようやく整理が終わりました。


明日からも何事もなかったように『日々』が続きます。


気分ナエナエですが、負けちゃいられませんよ v( ̄∇ ̄)v


暑い毎日ですが、負けちゃいられません。





時間も時間ですので、久しぶりのアップもこれくらいで。。。。




向こうでの話は『小出し』にて綴ることにします。








<残暑お見舞い申し上げます>


さて残暑なのか?って問題ですが・・・・。


いまだ梅雨みたいにジメジメ感も感じます。


どうか、皆さんご無事に乗り切る事ができますように。






写真の小出しがヘタなワタシは一気にもう一枚。







それでは次回まで、皆さんお元気で φ( ̄ー ̄ )











明日への希望をのせる。








今日も一日暑かったですね。


夏なんだから、暑くておかしくもないんだけど、


年々、この暑さについていけない自分自身が心配にもなります。





写真は、大島の塩田ってトコロから海を眺めていた時。


それにしても、レンズの汚れが気になる・・・・・ (ノ_-。)


元来、『モノを大事にしない』と親から言われていた事をつい思い出す。


仕事に使い、趣味に使う。


ま、どこか必然的にこうなる運命なのよ。。。。。







どうせ、今日この日の大事な夕陽は撮れそうにもない。


これこそ、仕事という名の『現実』が襲ってきている証拠なんだよ、証拠。


ま、いいさ。


一人眺める夕陽は無意味限り無し。


いつか、いつの日か、きっと必ず。







あの日と変わらず、いい天気の一日。


思い出すのは、あの日の若さ、あの日の勢い。









皆さん、9年前って何していました?


人それぞれに、時が流れており、生きている証の歴史。


確実に当時と比べ、環境が変わり、価値観が変わり、


振り返る当時をどんなに思いますか?


それから年月の過ぎた今を、


その『今』を否定的に見ますか?

その『今』を肯定的に見ますか?







確実に間違ったと思ったアナタ。

間違ってなんかないです。

それがアナタたる所以なのですから。

どの道を選択しようと『今』に辿り着くんです、間違いなく。

そ、後悔するもヨシ。

躊躇うのもヨシ。

だけど、朝は来るのです。

夕暮れ時の、少しのヒカリに明日への希望をのせる。

これから起こる事全て、ドンとかかってこい!










May be tomorrow.